Tag Archives: 飲食

【日本正月系列】1月7日|日本・七草粥之日|收心也顧胃

早安!
進入小寒之後氣溫降得令人直打哆嗦 ☃️
每年1月7日,也是日本新年後的「七草粥之日(Nanakusa-no-hi)」

這是日本一個傳統的小習俗,利用早春(以往為舊曆1月7日,適逢西曆的2月早春)長出的芹菜,蕪菁,白蘿蔔等幼葉混入白粥裡,為過年時大吃大喝疲憊的腸胃作短暫的休息。也為新的一年祈求能消除厄運保平安。

為了這一天,我們在年底前也跟隨著 #山梨八岳有機農場體驗 的井上桑一起體驗七草粥要用的七草食材!

 

◾️ 到底七草是哪七草呢?
大家可以參考圖片說明,會發現有些品項其實也是我們熟悉的 「蕪菁(Turnip)」「白蘿蔔(Radish)」「芹菜(Water Dropwort)」等日常蔬菜的幼苗。實際上在營養學中也認為,蔬菜的幼苗(sprout ) 為了要長高長壯充滿了能量,對健康也是非常有幫助的呢。

 

◆ 七草粥包裝體驗

當天井上桑非常用心地為我們解說七種草的特徵,並且準備好要包裝生產線,讓我們知道如何仔細包裝。

除了農場內無法種植的品項以外,所有蔬菜都是在井上有機農場細心栽種出來的。
所有包裝也全部手工包裝製成。

實際參與了包裝過程後,才知道每年擺得滿滿的七草粥Set竟然如此耗工,
纖細的小幼苗的力量需要細心保護!

◆ 實際製作體驗

體驗完七草粥蔬菜的包裝作業後,我們也一起親自製作,首先需要將蔬菜切細後倒入粥裡最調味即可!

 

◆ 哪裡能買得到呢?

現今社會中會這樣煮七草粥的家庭已經非常少見,針對重視傳統習俗的家庭,今天各個超市都能隨手買到已經組合好的七草粥材料,
井上有機農場送出的七草粥蔬菜在各家有機商店也都能買得到。

有興趣的朋友,不妨也試著動手作作看:)

食後感想:
七草粥本身主要為的是顧胃,因此相對於一般大餐大肉,
相對地顯得味道平淡了些。
對於習慣早餐吃粥的朋友們來說,1月7日來個早餐七草粥,都是很棒的選擇:)

 

【参加者募集|1月14日(Sat.) 10時−12時半】用食物及運動來體驗健康美

【参加者募集|1月14日(Sat.) 10時−12時半】
食とスポーツから体験する健康美
(日本語併記、スクロールしてご覧ください)

 

大家好~我是拉拉!

近期Breathe TOKYO 積極的舉辦各式料理教室。
至此辦了日式便當、和風洋食、裝盤美學及日本鄉土料理等體驗。

接下來,
要繼續達成Breathe TOKYO的宗旨之一「介紹東京在地運動&飲食企畫」。
因此邀請對食材及食物料理法非常講究的運動員飲食研究家池田清子小姐,
帶我們認識且一起製作,能幫助我們改善體質的食材及料理。

拉拉我也是九月開始參與Breathe TOKYO活動及聽主辦人Kiwi的介紹,
才開始注意到需多講究的飲食法,也慢慢一點一點的注意到自己的飲食。
才發現從了解一些飲食法的原則後,
去做健康料理不是件難事,反倒很有趣。

像是池田小姐說這次的體驗主要會挑選
能夠幫助大家渡過今年的寒冬,
能為明年的春天做準備的食材來做料理。

這次體驗課程會從介紹食材及料理作法的特性等的實際講座,
一連貫到料理制作實踐。
先讓大家補足對「食」的知識,
了解什麼樣的食材對自己是好的後,再學習料理手法.。
感覺比較像是上初階的營養學講習+料理體驗哦!

下面是池田小姐要傳遞給大家的訊息。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
大家好。
過去一直持續計劃如何將運動員飲食的想法傳達並分享給大家,
這次終於能夠實現了。
我們在活動時最不可或缺的「飲食」並不是單單只是’’能量源’’,
只要稍微下點工夫,
就可以讓飲食成為幫助我們 ’’實現各種事物的最佳工具’’。
每天,我也深深感受到食材本身所擁有的力量是如此強大,
而能夠反映食材力量的人類生命力也是件非常棒的。

不管你是想透過運動想要變得更強壯,
或是想要練就一身不感冒體質,
或是想讓膚質變得更美麗,
亦或是想要讓每一天過得更積極。

對自己的身體而言什麼是溫和的食物,

該用什麼樣的角度去做選擇。
又能帶來怎樣的變化….。
我會告訴大家,今天就能開始實踐的方法。

相信這些沒有想像中困難,也一點都不麻煩。

因為食物總是能在你身旁支援你的強力夥伴。

該如何應用,取決於你。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

這次的菜單內容也非常的豐富及講究食材。
像是米飯使用營營成份較高的黑豆及糯小麥米。
另外還有,最近耳熟人詳的卻不知道該如何下手的SuperFoods。
看看下面的菜單介紹,是不是很吸引人呢 : )

 

・高野豆腐的根菜綠咖哩
0r5a8808
・黒豆和糯小麥飯
0r5a8810
・常令蔬菜的Super Foods 沙拉
0r5a8801

*Super foods廣意為比一般食物營養份更高的食材*

・核桃的和風拌菜
0r5a8803
簡單的做能量補給棒
0r5a8811
蘿蔔干條排毒茶
0r5a8795

 

0r5a8806
看到最後這張照片不經讓我想到在東京對身體好但荷包會哭泣的高級養身定食店….。
(有時後還會沒有飽足感對不對…)
不知道大家懂我的心情嗎??

不好意思離題了..
這次的體驗中除了會帶大家體驗平常可以實踐的簡單肌訓,
也會特別介紹到花粉飄揚前的體質改善及過敏對策!

參加的朋友也可以將平日健康料理上的疑難雜症,帶到課堂上來發問哦!
親切的清子小姐會為大家解答!

−  BT 達人介紹 −

池田清子(IKEDA SAYAKO)

14163606_1047289432051821_911493402_o

以與專業山地自行車騎手結婚為契機,
對於運動員飲食研究家的「更健康,變得更有力量的餐點」感到興趣。
2014年取得運動員飲食認證(2級)。
一年中,約有一半的時間和丈夫在海外渡過,
一邊支援先生,一邊用自己獨特的視角看世界的運動員的飲食生活。
除了有體驗記「SAYAKOのはらぺこサイクルキッチン」( 產經電子報・Cyclist)的連載,
涉谷的運動中心裡的咖啡餐廳「ビストロアスリート(Bistro Athlete)」的菜單監製。
運動品牌的講習,NHK-BS「チャリダー (Cheer Leader)」等的演出。
一定的時間吃素食、日本長壽飲食法、無麩質飲食、草飼牛肉…..等等的飲食方法,
能讓身體感受到其對身體的好處及壞處。
現在,主要研究用竟可能的用最貼近自然的方法來栽培的植物為主的料理
來實現「更健康,變得更有力量的餐點」。

Breathe TOKYO註:
日本長壽飲食法
主要以食用穀物及蔬菜和藻類等的日本傳統飲食法。
全食主義(例:果物連皮吃)
吃所在土地的食物等等。(詳細體驗當天老師會為大家解說)

 

有興趣的朋友,歡迎從這裡報名,額滿為止☟☟
http://www.breathetokyo.jp/booking  

 

【體驗詳細内容】

■ 日時:2017年1月14日(週六) 10:00~12:30


■ 場所:代代木公園站 徒歩7分
(詳細地址會在接受預約後另行通知)
■ 體驗內容:
ー 基礎肌訓說明
ー 健康食講習
ー 食材介紹
ー 料理實作
ー 用餐

■ 體驗語言:日文,
■ 初學者參加:可
上限人數:8位
■ 費用:8,500日幣(含稅,含講師費/材料費)
請於當天繳交現金支付
需攜帶:筆記用具,圍裙
講師:池田清子さん
■ 費用不包含:追加料理, 接送
注意事項
− 餐點內容並未含食物過敏者特別餐點,請事前留意
− 若有孩童同行,請事先透過信件告知我們

■ 取消時的費用發生
1週前        50%
1週~2天前     80%
前天(含當天)    100%

 預約方式:http://www.breathetokyo.jp/booking      
ーー(以下、日本語表記)ーー

 

みなさんこんにちは〜ラーラです!

最近Breathe TOKYO では様々な料理体験を開催するように努めていますが、
いままではキャラ弁、和風洋食、料理デコレーションと日本地方料理などの体験。

そして、
これからもBreathe TOKYOがもっとも皆さまにお届けしたい
「東京現地運動紹介&食事企画」を実現するに、
食材や料理法に詳しいアスリート料理研究家の池田清子さんとコラボし、
みんな様に体の体質改善できる食材と料理の紹介と実践料理体験していただきます。

私自身も九月にBreathe TOKYOの体験に携わるようになったきっかけから
主催者のKiwiさんの紹介で、少しつづ食事を気にかけるようになりました。
飲食法について知識を持つようになってから、
健康に良い料理作るのは難しいことではない、面白いことなんだと新しい発見も。

今回池田さんも主に
皆様に冬を元気に乗り切れる、春の準備をしていく食材を選んでいただくそうです。

今回の体験レッスンは食材紹介、料理方法の特性などの紹介の講義から、
料理作りの実践していきます。
皆様に「食」に関する知識を補足して、
どん食材が自分にいいのかをしってから、料理方法を学んでいきます。
初級の栄養学講習+料理体験の感じですね!

下記は池田さんからのメッセージです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

みなさんこんにちは。
兼ねてからアスリート食についてお伝えする機会を設けたいと構想を練っておりましたが、
ようやく実現する時がやってきました。
私たちが活動するのに欠かせない「食」は単なる“エネルギー源”としてだけでなく、
ちょっとした工夫で、“様々なことを叶えてくれるツール”へと変化させることができます。
それだけ食材が持つ力はスゴイし、
それに応える人間の生命力も素晴らしいのだと日々実感しています。
運動をしていてもっと強くなりたい人、風邪をひかない丈夫な体を作りたい人、
肌をもっと美しくしたい人、何より日々を活発に過ごしたい人。
ご自身に優しい食事とはどんなものか、どんな視点で選べばよいのか、どんな風に変われるのか…
その日からすぐに実践できることをお伝えいたします。
決して難しいもの、厄介なもの、ではありません。
食はいつも側であなたをサポートする、力強い味方です。

どう使うかは、あなた次第。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
今回のメニューもとても豪華で食材もこだわりのものを使います。
例えば、ご飯は栄養層高いの黒豆ともち麦。
また、最近よく聞くスーパーフードなど。
今回の献立はとても魅力ですね : )

・高野豆腐の根菜グリーンカレー
0r5a8808
・黒豆ともち麦のご飯
0r5a8810
・旬野菜のスーパーフードサラダ
0r5a8801

*スーパーフードは他の食材よりも栄養素高い食材を指します*

・くるみの白和え風
0r5a8803
簡単手作りエナジーバー
0r5a8811
切干大根のデトックスティー
0r5a8795

 

0r5a8806

これらの写真をみて、
東京で健康にいいけど、お財布がなく高級健康定食屋さんを思い出してしまいました…。
(量少なくて足りないと思うとこもありますよね…)
誰か私の気持ちわかってる人いますか?!

すみません、ついに本題から離れてしまいました。。
今回の体験はまた特別に
花粉が舞う前に体質改善を行いたい方へ、アレルギー対策についてもお話します!

皆様普段料理の上でのこまることあれば、ぜひ当日きいてみてね!
親切な池田さんがご回答しますよ!

−  BT 達人ご介紹 −


池田清子さん(IKEDA SAYAKO)

14163606_1047289432051821_911493402_o

プロマウンテンバイクライダー池田祐樹との結婚を機にアスリートが
「より健康で、より強くなる食事」に興味を持ち、
2014年アスリートフードマイスターの資格(2級)を取得。
年の約半分を海外で過ごす夫のサポートをしながら、
世界中のアスリート食事情を独自の目線で取り入れる。
体験記などを記した連載「SAYAKOのはらぺこサイクルキッチン」(産経デジタル・Cyclist)のほか、
渋谷スポーツセンター内のカフェレストラン「ビストロアスリート」のメニュー監修、
スポーツブランドイベントでのトークショー、NHK—BS「チャリダー」等に出演。
ヴィーガンフード、マクロビオティック、グルテンフリー、グラスフェッドビーフ…様々な
食事方法を一定期間徹底的に実行することで、それぞれが体にもたらすメリットやデメリットも経験。
現在は、できるだけ自然に近い方法で栽培された植物を中心とした食事で
「健康的に強く、細胞から美しい体」を叶える食を日々研究中。


Breathe TOKYO註:

マクロビオティック
主に穀物や野菜、海藻などを食べる日本の伝統食をベースとした飲食法。
食べ物の全部を食べる(例えば:果物は皮ごとにたべる)
現地にある食材を食べるなど。
(詳しくは当日先生より解説します)

勉強できる料理体験いかがですか?

ご予約はこちらから☟☟
http://www.breathetokyo.jp/booking 

 

■ 日時:2017年1月14日(土曜) 10:00~12:30

■ 場所:代々木公園駅から徒歩7分
(予約受付後、メールにて詳細住所をご案内します)
■ 体験內容:
ー 筋トレ体験(説明)
ー 健康食講習
ー 食材紹介
ー 料理体験
ー お食事

案内語言:日本語、中国語
■ 初心者参加:可
■ 定員:8名
■ 参加費:8,500円 (税込・講師費/材料費)
費用は当日に現金にてお支払いください
■ 持ち物:筆記用具、エプロン
 講師:池田清子さん
■ 費用に含まれていないもの:追加料理・送り迎え
■ 注意事項
食材はアレルギー対応していないため、懸念される方は事前にお問合せください。
お子さま同行される場合、あらかじめご連絡ください。

■ キャンセルポリシー
1週間前まで          50%
1週間前まで~2日前まで     80%
前日まで(当日含む)     100%

 予約はこちら:http://www.breathetokyo.jp/booking

BT People【Lan Lan談東京親子育兒】關於幼兒飲食_過敏食材之「雞蛋」篇   BT People【LanLanが語る東京育児】幼児飲食アレルギー食材「たまご編」

profile用(LanLan)

大家好,我是LanLan,來自中國江蘇.在日17年.與先生,小孩在埼玉県生活.以前的興趣愛好是收集餐具,
也喜歡旅遊,還會時常去探訪不同的咖啡廳.有了小孩子以後,就不會有那麼多的時間花在自己身上,
可是我還是會盡力偶爾偷閒去享受一下!
在這裡,我為您介紹在日本育兒的體會,還會為您介紹我喜歡的小小餐廳,咖啡廳等等.希望您在我們的網頁上找到您的喜愛!
 LanLanと申します。中国江蘇省の出身で、在日17年目です。夫と子供の三人家族で、
埼玉県に暮らしています。食器、旅行、カフェ巡りが大好きです。
子供が生まれてからなかなか時間が取れませんが、これから趣味の時間を少しでも作りたいと思っています!(宣言です。笑)

ここでは、日本で育児している感想や、私の好きなおいしいお店などを紹介したいと思います。私たちのスペースからあなたの「好き」が見つかるように!

今天要跟大家分享的是,關於幼兒飲食 – 敏感食材之「雞蛋」篇
今回皆さんにシェアしたいのは、子供の食事 – 気を付けるべき「たまご」
だし巻きたまご(引用)

不知道大家有沒有覺得,在日本做主婦,不知不覺中會對各種食材變得比較精通.比如各種蔬菜的「旬」,不同產地的食材不僅品種不一樣,口味也會有不同等等.
日本で主婦をしていると、知らない間に食材についての知識が増えます。たとえばいろいろな野菜の「旬」、産地が違うと品種も少し違うし、味すら違う時もあるようです。

給寶寶吃飯,對食材就更重視.
小さい子供がいると、食材には一層気をつけるようになります。

特別是剛剛開始離乳食的寶寶,媽媽們非常關心的一件事就是食材過敏.
離乳食を始めたばかりのあかちゃんがいると、ママの一大関心事は、食材によるアレルギー。

雞蛋和牛奶被稱容易過敏,青魚類比淡色魚類容易過敏,沒有滿一周歲的寶寶絕對不可以餵食蜂蜜,等等.每一個媽媽的腦袋裡都裝滿了這些知識,所以在選擇食材時會比較慎重,也會嚴格地按照寶寶的成長來增加食材品種或烹飪的方式.
たまごと牛乳はアレルギーが起きやすいのがよく知られています。他には、白身魚より、青魚のほうがアレルギーになりやすい。1歳未満のあかちゃんには絶対はちみつを与えてはいけない、などなど。ママたちの頭の中は、こういった情報でいっぱいで、食材選びにはどうしても慎重になりがちで、離乳食の食材の種類や調理法に関しても、厳密に「教科書」通りに進める人が多いのではないでしょうか。
中期 たまご 1

1歲以前的膳食,雞蛋,基本上還是蒸的比較多…
1才前の食事。たまご料理は、やはり茶碗蒸しが多かったみたい。


最常見的過敏原可說是雞蛋吧,我也是按照在離乳食教室所學,在兒子7個月時先將煮了很久的雞蛋的蛋黃部分取出一點點,用溫開水稀釋後餵他,然後就很緊張的觀察是否有反應.等到確定蛋黃沒有問題,又過了一周左右才首次用同樣方式餵食蛋白,如果也沒有問題,這才開始餵食整雞蛋.這個過程中一直忐忑不安,怕萬一有過敏怎麼辦.

よく見られるアレルギー源はたまごではないでしょうか。
たまごに関しては、私は、離乳食教室で学んだ通り、息子が7か月の時に初めて、固くゆでたたまごの黄身をほんの少し、白湯を伸ばして与えたら、ドキドキしながらアレルギーが現れるかどうかをじっと観察したのを覚えています。黄身が大丈夫なら、1週間後に白身を黄身の最初の時と同じ要領で与えて、問題がなければ、やっと全卵を与えてよいことになります。毎回たまごを食べさせた直後にドキドキハラハラだったのが、今は懐かしい思い出です。
中期 たまご 2

可是每次與我母親打電話時,她都會不厭其煩地叫我給兒子吃雞蛋,而且每次都要強調,一天吃一個雞蛋!說是因為雞蛋有營養.我告訴她日本的按部就班的做法,她很吃驚,而且不以為然地說,哪裡有這麼多的雞蛋過敏!
しかし、中国の実母に電話する度に、「たまごを食べさせなさい!一日1個!」としつこく言われましたね。たまごは栄養が高いのが理由だそう。私は日本のやり方を彼女に言ったら、びっくりされて、「そこまで、たまごアレルギーがないよ!」と言い放たれましたね(汗)。

在中國,很多祖母或母親從剛剛開始離乳食就會餵食整雞蛋,認為只要加熱好就沒有問題.我母親在帶孫女時,每天都會燉一個雞蛋,或者做成番茄雞蛋湯等等給她吃.
どうやら中国では、かなり早い段階から全卵を与えているそうです。しっかり加熱すれば黄身も白身も問題ない、とのこと。私の母は、弟の子供の離乳食初期から、毎日のように茶碗蒸しかトマトたまごスープなどバリエーションを変えて食べさせていたとか。

在日本,就我所知,最好不要每天都餵食雞蛋,據說量的積累也容易造成過敏.
ここ日本では、毎日たまごを与えるのはあまり好ましくないこと、量の蓄積もアレルギーを引き起こす場合があると聞いたことがあります。

我考慮我母親她們的做法就是,不要考慮太多,盡量簡單.
私の母たちのやり方は、「多く考えない、なるべくシンプルに」というのがベースにあるような気がします。
完了期 パン

(雞蛋三明治)1歲以後,基本上就已經接近大人的膳食了.
(たまごサンドイッチ)1才過ぎたら、だいぶ大人の食事に近づいてきました。

我兒子對雞蛋沒有過敏,但是記得他還沒有滿一歲時,我做了法式吐司做早餐,滲透在麵包內部的蛋液沒有完全熟透,兒子吃了以後嘴角就出現紅色的斑點.還好不是很嚴重,而且過了一會兒就消失了.但是現在快三歲了,半熟雞蛋已經沒有任何問題,正在考慮何時可以給他吃生雞蛋拌飯呵呵.
私の息子はたまごアレルギーがないが、1才になる前に、フレンチトーストを作って食べさせると、食パンの中の卵液がまだ生のようで、食べた直後には口の周りに赤い斑点が現れました。しばらくすると消えましたがびっくりしましたね。もう少しで3才になる現在は、半熟卵は問題なく食べられるようになり、いつからたまごがけごはんを食べさせようかと考え中です。

(注:中國最近也開始有一些專家建議說不要給寶寶吃太多雞蛋.)
(注:中国でも、最近、あかちゃんにたまごを与えすぎないように注意喚起する専門家がいるようです)