Tag Archives: 登山

雙鑽富士與湖畔美景環繞_田貫湖營場介紹

ダブルダイヤモンド富士&湖畔絶景_田貫湖キャンプ場のご案内
(日本語案内はスクロールしてご覧ください)

 

大家好,我是Kiwi

很多人都還不知道,其實位於富士宮市的田貫湖營場,
是可以同時望見鑽石富士與逆富士的口袋景點,

當太陽一早從富士山頂望出頭來,還將那景象映入湖面時,
形成了這種無價的美麗自然景象!

💎💎雙鑽富士💎💎

image01
(圖片出自田貫湖營場官網)

只是,能看到這個美麗景象的時間只有兩周,非常有限,
有許多人為了要捕捉這一個美麗瞬間,會在這兩周帶著自己心愛的相機,
伸長脖子等著就是要照下這獨一無二的雙鑽富士的美景。

時期:4月20日・8月20日前後一週內
時間帶:早上6點前後

 

 

富士山美景當前,露營野趣

想像一下,富士山美景當前之下,享受露營野趣。
2016416-17 富士キャンプ_9668

(圖為春天露營景象)

由於田貫湖營場不接受事先預約,想要露營的朋友,我們都會直接前往當地交涉,
盡力佔個好位子,讓大家能更輕鬆地直接來參加露營體驗。

 

湖畔吊床上的慵懶感受

只要空間夠,我們也會將吊床拉到湖邊,
讓大家可以體驗一下在大自然裡偷偷睡個午覺的慵懶感受。

jpg-2

 

戶外料理體驗

營場邊也有方便處理食材的洗手台,歡迎跟著我們一起動手體驗戶外料理!
2016416-17 富士キャンプ_2221

 

聆聽・大自然

一拋平日煩惱,
在大自然裡,只要仔細聆聽,仔細觀察,都能聽到大自然給我們最棒的禮物。
像是聽著野鳥療癒鳴叫,望著湖裡漫遊的鴛鴦等等。

image02
(圖片出自田貫湖營場官網)
 

用自己的方式,組合慢活時光

除了呆在田貫湖營場南側享受露營以外,
場內還有幾項設施與自然步道供大家享受片刻的慢活。
camp_map(圖片出自田貫湖營場官網)

像是馳騁在一圈3.3公里的自行車道,
在湖上划船享受寂靜片段,
喜歡釣魚的朋友也可以在湖邊的小碼頭,靜靜享受釣魚樂趣。
周圍也有步道供大家散散步,聊聊天。

有關租借情報如下:(實際價格以官方網站公告為準)

●船隻租借

1隻 1小時 1,000日幣
※可租借時期:5月~11月

●自行車租借

1台 30分鐘 300日幣/60分鐘 500日幣

●釣魚工具租借(日出至日沒時間內)

大人(高中生以上)      1天700日幣 
小孩(小學&中學生) 1天100日幣

在日本露營,當然要享受溫泉!

營場內雖然有簡單的淋浴設備,為了幫大家洗洗塵,
傍晚會帶大家到附近泡泡溫泉,讓晚上的時光更放鬆。
2016416-17 富士キャンプ_4727

 

寂靜下的自然夜景

夜晚的營場,考量到周圍營帳,
我們會在九點之後開始降低音量,也歡迎大家享受一下寂靜下的自然夜景。
2016416-17 富士キャンプ_2698_0

運氣好的話,說不定可以看到夜晚中靜靜綻放魅力的富士山:)
2016416-17 富士キャンプ_5981

心動了嗎?

雖然在大自然裡還是會因為屆時的天氣
會有不一樣的狀況,在維護大家安全的前提下,
希望能夠帶領大家在有限的行程上,
體驗一個貼近日常又特別的慢活時光。

想體驗看看田貫湖的露營體驗,或是有任何問題的朋友,
歡迎隨時與我們聯繫!
info@breathetokyo.jp
相關活動資訊也可以查看官網喔
www.breathetokyo.jp

 

 

ーー(以下、日本語表記)ーー

こんにちは,Kiwiです。

まだまだ皆さまに知られていないようですが、
富士宮市にある田貫湖キャンプ場は、
ダイヤモンド富士と逆さま富士を同時に見れる穴場だそうです!

富士山頂から昇る朝日が光輝く様子が湖面にも映し出されることから、
ダブルダイヤモンド富士とも言われています。

💎💎ダブルダイヤモンド富士💎💎

image01
(写真出典:田貫湖キャンプ場公式サイト)

ただし、こんな美しい風景が見れるのは年に2回と限られた時期であり、
毎年多くの方はこの瞬間を捉えるために、カメラを構えて日の出を首長くして待つようです。

見ごろ:4月20日・8月20日の前後1週間
時間帯:午前6時前後

 

 
想像してみてください

美しい富士山の前で、キャンプを楽しむ一日を

田貫湖キャンプ場は事前予約を受け付けないため、
キャンプ体験を受けたい方のために、直接現地で交渉しキャンプサイトを確保します。
皆さまに少しでも楽にキャンプ体験ができるように迎えます。

2016416-17 富士キャンプ_9668

(写真は春のキャンプ風景)


湖畔でゆとりのある時間を

スペースが足りたら、ハンモックを湖畔まで運んでいきます。
自然の中でゆっくりとした時間を過ごしてみてください。

jpg-2

 

アウトドア料理を体験!

キャンプ場では食材を下ごしらえする水場があります。
良かったら一緒に手を動かしてアウトドア料理を体験しましょう!
2016416-17 富士キャンプ_2221

 

 

自然を五感で感じよう

日ごろの悩みを置いていき、
よく観察し、よく耳を傾ければ、
自然からの贈り物を目いっぱい楽しめます!
例えば、野鳥の鳴き声を聞いたり、
オシドリがゆっくりと湖の中を泳いでいる姿を眺めるのも癒しですね。

image02
(写真出典:田貫湖キャンプ場公式サイト)

 

 

自分らしいスロータイムを組み立ててみよう

田貫湖南側のキャンプサイトでゆっくり時間を過ごすのも良いですが、
キャンプ場内ではいくつか施設や自然歩道が用意されているため、
自分次第でまた違うスローな時間を過ごしていただけます。

camp_map(写真出典:田貫湖キャンプ場公式サイト)

例えば、1周3.3キロの自転車ロードで走ることや、
湖でゆっくり船を漕ぎ、静かな時間を過ごすこともできます。
釣りが好きな方でしたら、桟橋で釣りを楽しむのもおすすめです。
もちろん、歩道をゆっくり歩いて、友人を誘い合って時間を過ごすのもいいですよね。

レンタル情報に関してはこちらです:(実際の価格が公式サイトに準ずる)

●ボート

1隻 1時間 1,000円
※5月~11月

●自転車

1台 30分 300円/60分 500円

●魚釣り(日の出から日没まで)

大人(高校生以上)1日700円 
小人(小中学生) 1日100円

 

 

キャンプだからこそ、温泉を楽しもう!

キャンプ場内ではシャワー施設がありますが、
ご要望に応じては皆さまを近くの温泉に連れて、
一日の疲れをとり夜のキャンプタイムを楽しむこともできます。
2016416-17 富士キャンプ_4727

 

夜の静かなひと時が醍醐味

夜のキャンプサイトは、周りを配慮するために、
九時以降から音を落とします。
ぜひこの時間に夜空や夜景を楽しんでみましょう。
2016416-17 富士キャンプ_2698_0

運が良ければ、夜でも静かにその魅力を放つ富士山の姿が見れるかもしれませんね:)
2016416-17 富士キャンプ_5981

いかがでしょうか?

自然の中でもあり、その時その時の気候に合わせて
スケジュールを変更する場合もありますが、
可能な限りにひと味違うキャンプ体験をお届けし、
皆さまにローカルでスペシャルなスロータイムを体験していただければと思います。

田貫湖キャンプ場でのキャンプを体験してみたい方、
詳細についてお聞きしたい方は、
ぜひ!お気軽にご連絡ください!
info@breathetokyo.jp
こちらで行うキャンプ体験情報に関しても、
公式サイトをチェックしてみてください
www.breathetokyo.jp

 

 

 

【8/7-8_ 3名限定募集!!】 跟著富士山達人一起挑戰,從海拔0-3776公尺富士登山體驗2天1夜篇

【3名限定募集!!】 富士山の達人と行く 0メートルから3776の富士登山体験一泊二日篇
(日本語併記)

這次因為收到很多朋友詢問,於是我們決定特別邀請富士市公所的大力協助,
來辦一場特別的富士登山體驗活動。

有以下想法的朋友,要不要跟著我們一起挑戰爬富士山,
一起創造夏日回憶呢?

− 雖然有爬過富士山🗻,還想體驗看看不一樣的富士登山
− 沒有爬過富士山🗻,想要體驗一個適合初次登山的特別體驗

日期:8月7日(週日)~8日(週一)
集合:新幹線 新富士站 早上8點半
解散:新幹線 新富士站 下午3點(預定)
費用:25,000日幣(含稅/ 需事前繳費)
* 不含東京往返新富士交通費用

目前富士市所推薦的從海拔0公尺的富士登山全長約42公里,
要走完全程需要4天3夜,行程艱難了些。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijikan/enjoy/kb719c0000002n3y.html

登山3

雖然沒有自信挑戰四天三夜的登山任務,但是想試試從海拔0公尺登上富士山的朋友,
歡迎來參加Breathe TOKYO 與富士市公所共同開辦的
「跟著富士山達人一起挑戰,從海拔0-3776公尺富士登山體驗2天1夜篇」挑戰!

我們將原本四天三夜行程的前半部分以車代步,
希望能讓大家一邊感受正統從海拔0公尺登山的氛圍,
一邊利用兩天一夜的時間來雙重體驗富士登山與富士觀光的雙重樂趣。

以下為詳細行程

第一天

8:30 JR新富士站集合

9:00 從海拔0公尺處,體驗富士市觀光
(於鈴川海岸撿圓石,在富士塚堆出迷你富士山以祈禱登山安全)

10:00 上車移動,體驗富士登山相關史蹟(如 吉原商店街等等)

12:30 【午餐】抵達表富士GREEN營場
(圖僅供參考, 可點入連結網站)

food_img_10

(由於山小屋裡無法洗澡,吃完午餐後想沖澡朋友可以在此沖澡)

15:00 抵達登山路徑 富士宮口五合目 (寶永火口山間漫步以適應山上環境 :自由參加)

16:00 抵達登山路徑 富士宮口六合目(住宿於山間小屋,為預防高山症會提早抵達)
第二天

3:00 起床/早餐

3:30 開始登山

4:30 抵達 新七合目(於來光山莊迎接日出(御來光))

9:30 攻頂至富士山頂劍峰處
登山1

11:30 下山至五合目

13:00 【午餐/入浴】YOMOGI 藥草湯
http://yomogiyu.net
82e4_01

15:00 抵達JR新富士站後解散

這次由於是我們初次設計的測試型體驗企劃,
僅限少人數參加。
有興趣想跟我們一起登富士山的朋友,歡迎及早預約。

預約從這裡(預約後會以信件聯絡)
http://www.breathetokyo.jp/booking
有任何疑問,也請隨時寫信給我們!
info@breathetokyo.jp

※攜帶用品

帽子 大晴天時因為日照非常強烈,特別是接近山頂時紫外線會變強。

上衣 請準備容易穿脫的上衣,以保身體溫度調節。

手套 不止可以防寒亦能防曬。另外在攀爬岩場時為保護雙手非常需要。

背包 容量約35〜40L大小。

長褲 建議穿具彈性的長褲。

鞋子 穿習慣了的越野鞋或者登山鞋。

雨具 上下分開的雨衣,上衣需附帽子方便遮雨。

飲食 1〜2餐份食材。請準備約1公升飲料。

零錢 使用付費洗手間時使用。

藥品 以防萬一。

頭燈 白天出霧時也會使用以防迷路。

其他 墨鏡,毛巾,水溶性紙巾,垃圾袋,褲襪,口罩,暖暖包等等,
各自需要的東西。

 

–(以下、日本語表記)–

今回BreatheTOKYOはかねてより皆様からのご要望が多かった、富士登山イベントを富士市役所観光課のバックアップをいただき、実施いたします。

・富士山🗻に登ったことがある方は、一味違った本当の富士登山を
・登ったことがない方は、初登山に相応しいスペシャルな体験を

この夏の思い出作りに是非、富士登山に挑戦してみてはいかがでしょうか?

日時:8月7日(日)〜8日(月)
集合:新幹線新富士駅 朝8時半
解散:新幹線新富士駅 夕方3時(予定)
費用:25,000円 ※新幹線のチケット代金は含みません。

現在富士市が推奨している海抜0メートルからの富士登山は全長42キロ、三泊四日というかなりハードなものです。

http://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijikan/enjoy/kb719c0000002n3y.html

登山3

そこまでの自信がないけれど、海抜0メートルからの富士登山に是非挑戦してみたい。という方に今回BreatheTOKYOと富士市役所と合同で

「富士山の達人と行く 0メートルからの富士登山 一泊二日篇」を企画しました。

本来の三泊四日コースの前半部分を車で移動することで、本格的な0メートルからの登山の雰囲気を味わいながら、一泊二日で富士登山と富士観光を体験出来るお得なコースです。

以下詳細日程

1日目
8:30 新富士駅集合
9:00 海抜0メートルから、富士市のまち歩き
(鈴川海岸で丸石を拾い、富士塚でミニ富士山を作り安全を祈願)
10:00 車移動、富士登山関連史跡めぐり(吉原商店街など)
12:30 【昼食】表富士グリーンキャンプ場着
(山小屋ではお風呂に入れないので、昼食後、希望者のみシャワー可能)

food_img_10

15:00 富士宮口五合目着(希望者のみ:宝永火口トレッキングで足ならし)
16:00 富士宮口六合目着(山小屋宿泊・高山病防止のため早めに到着)

2日目
3:00  起床・朝食
3:30  登山開始
4:30  新七合目(ご来光山荘にてご来光)
9:30  富士山頂剣が峰登頂

登山1
11:30 5合目下山
13:00 【昼食・入浴】よもぎ湯
http://yomogiyu.net

82e4_01
15:00 新富士駅着・解散

今回は新規のお試し企画のため、申し訳ございませんが少人数の予約受付となります。
ご希望の方はお早めにご連絡ください。

ご予約はこちら(予約受付後、メールにてご連絡いたします)
http://www.breathetokyo.jp/booking
お聞きしたいことがあれば、いつでもご連絡ください!
info@breathetokyo.jp

※持ち物リスト

帽子 快晴時には日差しが非常に強く、山頂に近づくほど紫外線が強くなります。
上着 着脱しやすい服で、温度調節をしましょう。
手袋 防寒や日よけ、岩場の移動時の手の保護のために必要です。
ザック 容量35〜40リットル程度のもの。
ズボン 伸縮性のある長ズボンがおすすめです。
履物 履き慣らしたトレッキングシューズまたは登山靴。
雨具 上下分かれていてフード付きのもの。
食料、飲み物 1.2食分の食料、1リットル程度の飲料数を準備しましょう。
小銭 チップトイレ利用料。
 万が一のケガに備え、薬を用意しておきましょう。
ヘッドランプ 日中でも霧が出たときに、道迷いを防ぎます。
その他 サングラス、タオル、水溶性ティッシュ、ゴミ袋、スパッツ、マスク、カイロ等、
各自で必要なもの。