Tag Archives: 温泉

新潟越後湯澤滑雪體驗~感受新潟魅力~

大家好,我是Miki。

 

日本是一個四季分明的國家,
尤其是北方地區,
每到冬季都會被雪渲染成一片銀色世界。
新潟 越後湯沢_896

2/17(Fri.)-19(Sun.)將要舉辦3天2夜2天1夜
新潟越後湯澤滑雪合宿&在地深度體驗課程

 

體驗內容包含了

  • 專業滑雪體驗課程(附中文翻譯輔助)

  • 合宿方式體驗道地北國道地民宿與日本家庭料理

  • 雪國中的越後湯澤名湯溫泉

  • 600年歷史最上山關興寺內~坐禪體驗~

 

更詳細的體驗內容請參考[這裡]
新潟 越後湯沢_2814

* 照片是這次帶我們滑雪的Miyuki-san拍來的最新雪況,看來到時候有非常豐沛的雪等著我們去滑:)

20170208_8201

 

Miki的丈夫是新潟人,
也正因如此雖然到訪新潟的次數寥寥可數,
卻有莫明的親切感。

 


由於地理關係,
緊鄰的日本海的新潟縣雪量豐富,雪質也很好,
是日本的人氣滑雪地區之一。
但其實不只滑雪,新潟的魅力之處還有很多。

 

*八海山雪室

IMG_1150

新潟是有名的不只越光米
使用了優質米來釀造而成的日本酒也是聞名日本的。

IMG_2673-e1454495187117-768x1024

當中日本著名新瀉清酒品牌 八海山釀造廠天然雪室
使用了1,000噸的雪來造成對環境無害的天然儲藏室,
一整年都保持在4℃左右,並可以用來儲存36萬公升的酒。
不禁讓人驚嘆大自然的力量以及雪國居民的生活智慧。

P1010314-1024x768

除了參觀天然雪室,也可以到試飲區嘗嘗不同系列的八海山清酒。
這次新潟滑雪體驗我們有提供參觀八海山雪室的追加體驗行程,
有興趣的朋友可以於報名時告訴我們。(另費3,000日圓含稅)

 

*湯澤溫泉街

日本是溫泉大國,而湯澤溫泉街更是非常有名。
這次滑雪體驗的集合與解散地點為 新幹線新潟越後車站
難得來到湯澤,
大家有時間的話不妨到車站附近的湯澤溫泉街走一走吧。

28292198284_13a5ebb524_k

照片來源:goo.gl/fde1HG

想了解更多湯澤溫泉街,
可以參考湯澤野觀光協會的 [官方網站] 介紹(中文)

 

*三國街道「鹽澤」 牧之通

時間比較充裕,想要體驗搭乘當地電車的朋友,
可以搭乘JR上越線從越後湯澤車站坐十幾分鐘各停電車前往
新潟南魚沼的三國街道「鹽澤」宿牧之通
這裡也是一個十分值得到訪的地方。
スクリーンショット 2017-02-11 17.22.50

照片來源:JR東日本官網

* 由於各停列車班次不多,請記得查好[時刻表(點我)]安排來回時間後再前往比較安全

S__46301190

這裡不止保留並翻新了以往住家的樣貌,
商店街中也有薄荷糖老店,藝術館,創業300年的青木酒造老店,
以及可以享受慢活時光的咖啡廳等等

S__46301188

S__46301189

 

* 新潟地產蕎麥配上TORORO昆布製成的HEGI SOBA也可以在這一站吃得到喔!

 

S__46301187

與湯澤温泉街的氣氛截然不同,
牧之通商店街是江戶時代的宿驛,
也就是現在的公路休息區。
因此保留著一種江戶時代的熱鬧又懷舊的氣氛。

ticker07-640x533

關於三國街道「鹽澤宿」牧之通,
可以參考「南魚沼もてなしの郷」的 [官方網站] 介紹(日文)

 

新潟越後湯澤滑雪合宿&在地深度體驗課程
雪國盡情滑
3天2夜 2/17(Fri.)-19(Sun.)
週末輕鬆滑
2天1夜 2/18(Sat.)-19(Sun.)

詳細體驗內容講參閱[這裡]
[點我]立刻報名

 

感謝!新潟 越後湯沢日常体験

(下記日本語併記)

大家好,我是Kiwi。
非常感謝在這次緊急企劃中特別來參加我們 「春日 新瀉越後湯澤在地體驗」的朋友!

這次我們企劃的目的在於希望可以透過採山菜體驗,可以讓大家暫時離開東京都市生活後
重新感受一下身處在大自然。

場地選擇在今年冬天Breathe TOKYO滑雪合宿時的 新瀉縣 越後湯澤
這個以滑雪以及稻米產地聞名的越後湯澤,其實在春天裡也是採收山菜的寶庫之一。
除了當地人以外,也有許多來自東京的朋友每年會在這個時候千里迢迢地來這裡
採收山菜。

這次我們來到滑雪合宿時使用的石打花岡滑雪場旁邊的小山林。
想當然地,當初滑雪季節時眼前一片銀色世界,
現在則是換了個面貌,白雪覆蓋之處全部被新綠與花色覆蓋著,
像是換了個春裝一樣♡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一行人沿著雪場爬上小山林,山菜採收體驗就此開始。
不過5分鐘我們就看到了許多嫩芽。
嫩芽會攀沿在樹枝上,採收的長度約為手掌一般長。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

等到嫩芽採收的差不多了,正想著怎麼沒有其他山菜出現呢。。一邊散步在山間,
一邊找著其他山菜後約莫10分鐘。
就在一個瞬間我們開始發現眼前其實有許多蕨(WARABI)
一邊覺得很不可思議明明剛剛看了這麼久都沒出現,
怎麼說時遲那時快就能採收到這麼多厥呢!?

此時MIYUKI-san叮嚀我們說:
「年輕的厥不要採要留下喔」
「(雖然這次沒有踩收到)像薇草通常一次都有好幾根長在一起,採收時請務必留下最後一根草」
等等,為了預防濫採與維護生態特別跟我們說了當地的一些規則。
山菜採收體驗乍看之下像是先採先贏,非常自由,
才發現實際上,每個住在這裡的居民都有一定的規則,
聽到大家都意識性地保護自然,總覺得一股人間暖味湧上心頭。

BT 新潟山菜ツアー_6893

這次特別想讓大家體驗到的,就是採收山菜的一種『莢口蕨』,
由於連日下雨外加之後快速放晴這種對山菜來說是成長的最佳條件(不知是好是壞。。)
幾乎所有的『莢口蕨』都因為過度成長(葉子展開)導致無法收獲,
還好,就在千尋之下看到最後的『莢口蕨』!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

另外另外,這次最大的驚喜就是,
我們在山林裡少數生長的幾隻竹樹下,
竟然!
發現!
春筍~~~!!!!

當地人聽了我們採收到竹筍,都非常驚訝,
據說這是他們第一次聽到有人採山菜採到竹筍的呢!!
算不算是我們的 Beginner LUCK呢!?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

實際收獲到的山菜,其中一部份長這樣,從右邊看起有。。
嫩芽,厥,莢口蕨,還有竹筍~~!(神氣中)
BT 新潟山菜ツアー_2788

回到這次住宿的WHITE STAR後,老闆娘也非常仔細地為我們解說採收到的山菜。
IMG_3254

一般來說山菜要先泡過不然會留下許多苦味,
老闆娘也很親切又仔細地教我們怎麼處理山菜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

老闆娘說,蕨的頭部要摘下來不要吃。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般來說去苦味的工程需要花個2~3天,但由於難得我們踩收到這麼多山菜,
於是決定把一部份川燙後將苦味去除,
另外配上美奶滋,鰹魚片,還有醬油後食用。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

其他老闆娘也特別為我們準備了新瀉名產竹葉粽,加入薇草以及莢口蕨的日本煮物當配菜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後主食由大家用來新瀉 越後湯澤一定要吃上一口的名米 越光米各自手作一個御飯糰當午餐。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雖然在御飯糰裡包進各種料也很不錯,
由於難得手上的米飯這麼美味,於是我們決定只簡單地撒上鹽調味,
再用海苔包住,就這麼入口囉~

ITDAKIMASU~~

201651-2 新潟山菜採り_6477

一代代傳承的生活智慧。
將蕨川燙處理後放著曬乾,就能保存食用。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

到時候泡進水裡就能再拿來調理囉。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
除了山菜採收體驗以外,我們也特別安排了非常私密的自然體驗景點。
這裡是跟大家熟悉的富山縣黑部立山溪谷相媲美,屬於日本三大溪谷美景之一的清津峽。
沿著溪谷,我們通過冬天不會開放的長長~的隧道向前進。
光是這樣一邊走著一邊傾聽著河水聲,就能感受到森林浴,讓心情很放鬆。

BT 新潟山菜ツアー_633

走過隧道,眼前出現的,根本就是秘境般的絕景!!( WOW~~)
BT 新潟山菜ツアー_6708

老實說照片真的無法表達我們當下的感動,有興趣的朋友歡迎點擊下方影片感受當下的雄偉感~
(可放大螢幕觀看)

有關飲食方面,想著難得來到越後湯澤了。。當然要體驗一下源自越後湯澤,
放在木盒(日文:HEGI ) 裡享用的「HEGI 蕎麥麵」。
木箱裡蕎麥麵非常整齊地排排站,方便大家一口進食。
(把剛燙過的蕎麥麵短時間內排得這麼整齊其實需要專業職人技能的,可惜沒拍到。。)
大家點了一盒分著吃,麵條非常地有彈性,真的是超級美味!!
(量非常多,小心不要點過頭吃不下 > < )

IMG_3293

還有上次滑雪合宿時頗受好評的寺廟內坐禪體驗。
跟上次坐禪不同的是,少了寒風,
多了春風相伴,一邊聆聽自己的聲音,度過一段平靜的時間。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

這次的體驗,雖然非常簡略,大致就是這樣了。
我們希望可以帶著平常住在大都會裡的大家,在這難得體驗的大自然裡,
舒放身心,並且為自己找到一個新發現。

因為我們相信,只要將眼睛面向自然,一定有個新發現☆
BT 新潟山菜ツアー_8974

那麼,希望有機會再跟大家相見喔~~~

ーーー(*以下、日本語*)ーーー

こんにちは、キウイです。
今回、緊急企画!にもかかわらず、春の新潟 越後湯沢ローカル体験にご参加いただいた皆さま、
ありがとうございました!

今回の目的は山菜採り体験を通して、普段東京で生活していると感じることができない
自然を全身で感じてもらうことでした。
場所は冬にブリーズ東京のスキー合宿でも訪れた新潟県の越後湯沢
スキーやお米の産地として有名な越後湯沢ですが実は春は山菜の宝庫。
地元の人はもちろん東京からわざわざ毎年山菜を採りに来る方も多いそうです。
今回私たちが、山菜採りに向かったのは前回のスキー合宿で訪れた石打花岡スキー場の側。
スキーで訪れた時は(当たり前ですが)一面の雪景色だったのに、
今回はその姿をガラリと変え、冬には雪に覆われていた場所が新緑や花々に包まれ、
すっかり春の装いになっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲレンデを少し登り林の中に入って山菜採りスタート。
すると5分も経たないうちに、木の芽を発見。
枝に沿いながらのびている木の芽を自分の手のひらの長さで採っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひとしきり木の芽を収穫した後、他の山菜は・・とあたりを散策。探し回ること10分。
ふとしたタイミングでワラビを発見。
すると不思議なものでそれまでなんで気がつかなかったのだろう??と
疑問に思ってしまうほどあっさりとワラビを大量にGETすることができました。

ここでMIYUKIさんから
「若いワラビは収穫しないで残してください」
「(今回出会うことはできませんでしたが)ゼンマイは一つの周りに何本か集まって
生えていますが、必ず一本は残して収穫してください」
それぞれ、乱獲を防ぐための地元のルールを教えてくださいました。
一見それぞれ勝手に訪れて、早い者勝ちのような山菜採りにも一定のルールがあり、
それを皆が自然と守っていることに、何か暖かさみたいなものを感じました。

BT 新潟山菜ツアー_6893

今回是非とも収穫したいと考えていた山菜が「こごめ」でしたが、
連日の雨と、そのあと急に晴れという(幸か不幸か)山菜にとっての絶好の条件が揃ってしまい、
ほとんどのこごめが成長しすぎて収穫できない状態でした。
そんな中、運良く最後の「こごめ」を発見!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてなんと言っても、今回の最大のサプライズが、
林の中に数本だけ生えていた野生の竹の下で、
なんと、なんと!
タケノコを発見!!!

この場所でタケノコを収穫した人は見たことがない。
と地元の方も驚いていましたが、まさにビギナーズラック!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一部の収穫はこんな感じです、右からは木の芽、ワラビ、こごめ、そしてタケノコ!です。
BT 新潟山菜ツアー_2788

採れた山菜を宿泊したロッジ ホワイトスターのお母さんが詳しく解説してくださいました。
IMG_3254

山菜はアクをとってからでないと苦みが多いので、アク抜きの方法や下ごしらえの仕方も丁寧に教えてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワラビもアタマの部分を取って。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常はアク抜きに2〜3日かけるのですが、
せっかくなので採れたての山菜を少しだけアク抜きして、
マヨネーズ/鰹節/醤油を加えて皆さんで召し上がっていただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのほか、新潟の笹チマキ、ゼンマイとこごめを入れた煮物なども用意してくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に主食の、そして新潟 越後湯沢に来たら絶対食べておきたいコシヒカリのおにぎりを
皆さんそれぞれ手作りして、おにぎりランチに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろいろな具を入れてもよかったのですが、せっかく美味しいお米でしたので、
シンプルにお塩をかけて、のりで包むだけ!
いただきます〜

201651-2 新潟山菜採り_6477

昔ながらの知恵。
ワラビは下ごしらえして天日干しすれば、保存食になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水で戻せば、また食べれらます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回、山菜採り体験の他にも知る人ぞ知る越後湯沢の自然体験スポットをご案内しました。
富山県のご存知黒部渓谷に並ぶ日本三大渓谷のひとつにもあげられている清津峡。
渓谷に沿って冬の間は閉鎖している長〜いトンネルをひたすら歩いて進みます。
川の音を聞きながらひんやりとしたトンネルの中を歩くだけで、
マイナスイオンを全身に浴びリラックスできそう。。

BT 新潟山菜ツアー_633

トンネルを抜け、目の前に現れたのは、まさに秘境のような絶景でした!
(わ〜〜〜)
BT 新潟山菜ツアー_6708

静止画ではイマイチ伝わらないので、興味のある方はこちらの動画をご覧ください。
(画面を大きくしてご覧二なることが可能です)

食に関して、せっかく越後湯沢に来たのなら・・と越後湯沢発祥のへぎ(箱)にいれて食べる
「へぎそば」を体験していただきました。箱の中は一口で食べられるように綺麗に整えられています。
(これも職人技でしたが撮影できず・・)
皆さんでシェアして食べましたが。とてもコシがあって最高に美味しかったです!
(量がかなり多いので、頼み過ぎ要注意><)

IMG_3293

前回のスキー合宿で好評だった、お寺での座禅体験。
今回は前回の極寒の中とはまた違った春の風を感じながら、
自分自身と向き合う時間を過ごしていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっと駆け足になってしまいましたが、今回の体験をご紹介させていただきました。
普段都会に住んでいると触れられない自然を全身で感じていただき、
リフレッシュすることで新しい何かを発見していただけたなら嬉しいです。

自然に目を向ければ、新しい発見があるはず☆
BT 新潟山菜ツアー_8974

それでは、また次回、お会いしましょう〜〜