Tag Archives: 民宿

難忘的冬季回憶!山形縣戶沢村~秘境雪村&傳承蔬菜食文化體驗~

(日本語併記、スクロールしてご覧ください)

 

身為南國人的我們,對於白雪總是有莫名的感動。
事實上除了滑雪以外,還有不少方法能體驗到雪的魅力。

 

非常感謝大家日前參加
3/4(Sat.)-3/5(Sun.)

山形縣戶沢村~秘境雪村&傳承蔬菜食文化體驗~

也感謝山形縣「戶沢村」,
以及當地農家民宿,農園協會的大力協助與多方後援,
讓Breathe TOKYO實現了這次的企劃,
有機會與大家一起體驗日劇「阿信」中的秘境雪村

スクリーンショット 2017-02-05 19.11.05

參加這次體驗的朋友們表示,

2天1夜的體驗中除了深深感受到農家們的熱情以外,
也得到了很多「人生第一次」的寶貴體驗。

沒趕上今年山形縣戶沢村~秘境雪村&傳承蔬菜食文化體驗~
接下來讓我們為大家分享一下這次的難忘經歷吧。

 

手作蕎麥麵・蕎麥丸體驗

在農家蕎麥麵屋「与惣右衛門」的店主田中先生的指導下,進行手作蕎麥麵體驗!

201734-5 戸沢村農泊体験_5019

雖然大家都是第一次體驗手作蕎麥麵,
但是在田中先生細心的說明與指導下,蕎麥麵都做的十分成功。

201734-5 戸沢村農泊体験_2421

大家完成的蕎麥麵看起來都有模有樣,雖然因為切麵條十分需要技巧而有點粗細不樣,但這也是手作蕎麥麵的樂趣。做好的蕎麥麵會在晚上於農宿裡品嚐。

201734-5 戸沢村農泊体験_7358

比較一下田中先生的手作蕎麥麵,真不愧是達人,
每條蕎麥麵粗細均等,就像用機器切出來一樣。

201734-5 戸沢村農泊体験_7968

接下來,大家品嚐完田中先生製作的蕎麥麵後,就要來開始製作蕎麥丸了。
對於有體力的朋友來說,蕎麥丸的製作方法很簡單。

201734-5 戸沢村農泊体験_620

眼看田中先生一兩下子就做好了,但其實實際做起來,尤其在差不多要完成時由於粘度很高,要捏出均勻的蕎麥丸並不容易。

201734-5 戸沢村農泊体験_2280

煮好後的蕎麥丸口感Q軟,帶著香濃的蕎麥香味,非常好吃。
與魚露、納豆、山菜等味道很相配,田中先生也推薦我們加入黃豆粉讓它變成甜甜的口味。

201734-5 戸沢村農泊体験_3323

201734-5 戸沢村農泊体験_5594

KAMAKURA製作體驗

接下來要體驗的是「KAMAKURA(雪中小屋)」製作!
剛積不久的雪非常鬆軟,但堆積成小山丘一樣的雪會變得又硬又重。

201734-5 戸沢村農泊体験_9617

大家分工挖洞,在雪壁製作點放蠟燭的空間,把KAMAKURA完成。
最後一起用日本甜酒乾杯,品嚐當地名產鯨餅。
也因為天氣寒冷,堆起了露火取暖。

201734-5 戸沢村農泊体験_404

日落後大家一起為KAMAKURA燃點蠟燭,
一瞬間像進入了夢幻的雪世界,度過了美好的時光。

201734-5 戸沢村農泊体験_2639

201734-5 戸沢村農泊体験_578

農泊體驗

晚上入宿當地的農家,體驗當地生活。
晚餐除了有中午製作的手作蕎麥麵以外,當地農家還為大家用
當地產的蔬菜、山菜、海解、米等食材準備了道地的日本料理。

201734-5 戸沢村農泊体験_7980

從料理中不但能深深感受到農家們的熱情,也認識到戶沢村是個自然食材豐富的地方。

201734-5 戸沢村農泊体験_8469

在這次入住的農家裡,大家發現了一條有趣的管子,這到底是什麼呢?

201734-5 戸沢村農泊体験_8297

一問之下,原來這是把暖氣引導到餐桌下的小道具。
一般來講,日本家庭都是使用電氣式的暖桌,但戶沢村的居民則習慣使用暖爐,
再把暖氣用管子引導至餐桌下,因為這樣比較快速且溫暖。真不愧是雪村的特色。

201734-5 戸沢村農泊体験_1581

隔天的早餐,也是使用了當地食材的日本料理。
菜單非常豐盛且食材,真的非常感謝農家的熱情招待。

雪山漫步

吃飽早餐後,就要出發前往雪山漫步體驗。
這並不是一般的散步行程,而是穿上日本古時候就代代相傳而來的雪國智慧,
日本雪靴(日文:かんじき・KANJIKI) 來進行雪中漫步。

201734-5 戸沢村農泊体験_5539

山丘上的積雪看似相當堅固,但其實有一點鬆軟,
沒有日本雪靴的話,很容易因為體重造成的壓力,導致腳被埋在積雪之中而無法動彈。
傳統的日本雪靴能讓走路時的體重壓力分散,避免這種情況發生。

201734-5 戸沢村農泊体験_5680

抵達山頂後,大家來享受熱咖啡及攝影時間,為難得的體驗留下記錄。

201734-5 戸沢村農泊体験_9430

順帶一提,下山時可以用雪橇滑下去,非常快速又輕鬆:)

201734-5 戸沢村農泊体験_4091

角川蕪菁

接下來漫步到雪中農田,挖掘傳承蔬菜-角川蕪菁。

201734-5 戸沢村農泊体験_4535

被積雪覆蓋的農田看起來什麼都沒有,但根據農民的引導,挖著挖著⋯

201734-5 戸沢村農泊体験_5852

喔!出來了!這就是角川蕪菁。

201734-5 戸沢村農泊体験_1560

用水沖洗一下就可以立刻品嚐,非常清爽且甜美,甜中帶甘,很好吃。

201734-5 戸沢村農泊体験_3573

 

拔烏龍麵

午餐品嚐農家民宿製作的當地招牌美食「拔烏龍麵(ひっぱりうどん)」。

201734-5 戸沢村農泊体験_6411

於烏龍麵裡加入生雞蛋、納豆及鯖魚罐頭作調味是戶沢村的道地吃法。

201734-5 戸沢村農泊体験_6873

傳統的醃漬蔬菜

201734-5 戸沢村農泊体験_8761

接下來也請教了農家們傳統的醃漬蔬菜製作方法。當然也少不了製成品試吃。

201734-5 戸沢村農泊体験_2586

試吃的量真的非常多,而且還貼心的附上握飯團。這裡的蔬菜,全部都是在戶沢村採到的呢。

201734-5 戸沢村農泊体験_3351

真的很感謝農家們的熱情款待,讓大家度過了愉快的時光,
在前往最後的行程之前,大家都非常不捨的與當地農家道別。

臨別之前,農家們說
這次能夠遇見大家真的非常高興,
不只冬季,戶沢村的春季能採到山菜,
夏季有蔬菜與香魚,秋季有蘑菇水果及鮭魚,
大家有機會一定要再來找我們喔!

最上川乘船而下

スクリーンショット 2017-02-05 19.13.51

最後,跟隨日本著名詩人松尾芭蕉詩境,體驗最上川乘船而下的美感。在設有暖桌的船內,一邊傾聽船夫幽默的解說,一邊欣賞醉人的景色。最後,拍下合照,為這次的體驗劃下完美的句點。

201734-5 戸沢村農泊体験_2524

體驗行程豐富的

山形縣戶沢村~秘境雪村&傳承蔬菜食文化體驗~

今年的體驗就這樣在愉快溫馨的氣氛下結束了。
體驗結束後Breathe TOKYO收到參加者們的感想
在此與大家分享分享,希望今後也有機會帶大家前往體驗。

Breathe TOKYO這趟體驗很特別,體驗到很多自己旅行可能沒辦法有的寶貴體驗。
當地的農家真的很用心準備這個活動,也感受到濃濃人情味。
食物全部都很好吃!兩天的活動內容很精彩也很滿意,
也期待還有機會能參加這種可以了解當地文化的體驗。

Signed up for the trip empty headed and
ended up having an amazing time!
非精驚喜 行程滿滿的週末。好多難得的農家體驗。
農民家庭都好熱情,一見如故的感覺,很自然就聊開了。
不自助遊的話,就是要參加這種平常玩不到的項目。”

這是我第一次住真的民宿,田中太太一家人都非常的親切。
晚餐時趁機和田中太太請教了山形的料理。
隔天離開的時候,田中先生還偷塞給我一包剛採收的菜,
特別交待我,回去要用心品嚐山形的料理,
田中太太和我說「能遇見妳真好」,我眼淚都快掉出來了。

ーーーーーーーーーーー下記、日本語表記ーーーーーーーーーー

皆さまこんにちは。
台湾や雪国出身ではない方にとって、雪は不思議で幻想的なものです。

 

キスー以外に、雪の魅力を体験する方法がたくさんあります。
そこで、Breathe TOKYOは3/4(Sat.)-3/5(Sun.)

山形県戶沢村~秘境雪村&傳承野菜食文化体験~

を企画し、開催いたしました。
体験にご参加いただいた方々、誠にありがとうございます。

スクリーンショット 2017-02-05 19.11.05

 

また、山形県「戶沢村」や
地元の農家民宿、農園協会のご協力とサポートのもとで、
今回の体験は楽しい雰囲気の中で開催し、
無事に終了いたしました。

 

体験終了後、参加者の皆様に

1泊2日の体験で農家たちの暖かい気持ちを感じながら、
「人生初」の貴重な体験がたくさんできてよかった。

とメッセージをいただきました。
今年の体験を見逃した方、興味がある方、
ここで今回の体験内容を皆さまにご紹介したいと思います。

そば打ち・蕎麦がき作り体験

農家そば屋与惣右衛門のオーナー田中さんの指導の下、そば打ち体験!

201734-5 戸沢村農泊体験_5019

みんな初めての体験でしたが、先生の丁寧な解説、指導もあって何とか完成。
ちゃんとお蕎麦の形になりました、ちょっと不揃いなのはご愛敬。

201734-5 戸沢村農泊体験_2421

切るのはとっても難しいようです。
完成品は本日の夕飯としてお持ち帰り、宿の方に茹でてもらいます。

201734-5 戸沢村農泊体験_7358

流石、先生はお蕎麦がビシッとそろっております。やっぱりプロは違います。

201734-5 戸沢村農泊体験_7968

続いて、先生のお蕎麦を味わいつつ、蕎麦がきづくり。
こちらはとっても簡単です、、、体力さえあれば。
先生は簡単そうにやっておりますが、

201734-5 戸沢村農泊体験_620

出来上がる寸前の、蕎麦がきは粘度が高くかき混ぜるのがとっても大変。

201734-5 戸沢村農泊体験_2280

でも、出来上がりはふわふわで、そばの香りが高くとっても美味しい!
めんつゆや、納豆、山菜も合いますが、きな粉みたいな甘いものにも相性抜群です!

201734-5 戸沢村農泊体験_3323

201734-5 戸沢村農泊体験_5594

かまくら作り体験

続いてはみんなお待ちかねのかまくら作り体験!
積もった時はにふわふわな雪ですが、山のようになるととっても重いんです。
みんなで協力して横穴を掘り、壁に穴をあけてキャンドルを立てれば、

201734-5 戸沢村農泊体験_9617

かまくらの完成です!

201734-5 戸沢村農泊体験_578

甘酒でカンパーイ、地元名産のくじら餅をつまみながら。
冷えた体を温めるには、たき火がサイコーです。

201734-5 戸沢村農泊体験_404

日が落ちれば、先ほど入れたキャンドルと雪の幻想的な世界が広がります。
通りがかりのお客さんも、光に引き寄せられて集まってきちゃいました。

201734-5 戸沢村農泊体験_2639

農泊

夜は、地元の農家民宿にお泊り!
夕飯には、昼間打ったそばや、地元名産の野菜・山菜・魚・お米と
すべてが地元の食材で作られたおもてなし料理を満喫。

201734-5 戸沢村農泊体験_7980

改めて戸沢村の自然の豊かさを知りました。

201734-5 戸沢村農泊体験_8469

ところで、これが何かわかりますか?今回お伺いしたお宅すべてにあった謎のホース。

201734-5 戸沢村農泊体験_8297

正解は、
こたつに温風を送り込むホースでした。
戸沢村の方はこたつの電源を入れずに、ヒーターからの風を直接送り込むんですって。
その方が早くてあったかいとのこと。雪国のくふうですね。

201734-5 戸沢村農泊体験_1581

翌朝はやっぱり、地元食材の朝食!
何気なく、出てくるのですがこれを東京で食べたらいくらするのだろうというようなものが、
たくさん!本当に山もりいただきました。
農家民宿の皆さんのホスピタリティに感謝です。

雪山トレッキング

かんじきを履いて雪山を散策。

201734-5 戸沢村農泊体験_5539

結構雪は固いので、かんじきなしでも大丈夫だろうと一歩踏み出したら、
腿まで埋まってしまいました。かんじきの力はすごい!

201734-5 戸沢村農泊体験_5680

山頂についたら、コーヒーブレイク&撮影タイム

201734-5 戸沢村農泊体験_9430

帰りはそりで滑るのでらくちんです。

201734-5 戸沢村農泊体験_4091

 

角川蕪

雪の中の畑を歩いて、伝承野菜の角川蕪の収穫に向かいます。
あーさっきのかんじきが恋しい。

201734-5 戸沢村農泊体験_4535

一見何もない畑を掘り返すと

201734-5 戸沢村農泊体験_5852

出てきました!水で洗ってそのままがぶりと、

201734-5 戸沢村農泊体験_1560

甘くておいしい、辛みの中にある甘みが強い!と大好評でした。

201734-5 戸沢村農泊体験_3573

 

引っ張りうどん

昼ご飯は農家民宿の方に作って頂いたかまくらで、
地元名物の引っ張りうどんをいただきます。

201734-5 戸沢村農泊体験_6411

うどんと生卵・納豆にサバ缶を入れるのが戸沢流。

201734-5 戸沢村農泊体験_6873

伝統の塩漬け野菜の調理法を学んだあとは

201734-5 戸沢村農泊体験_8761

お待ちかねの試食です。

201734-5 戸沢村農泊体験_2586

試食というには多いですし、おにぎりまでついてます。

201734-5 戸沢村農泊体験_3351

ココにあるものも全て戸沢村でとれたもの!

 

農家民宿の方とはここでお別れ、地元の方のホスピタリティに感謝です。
昨晩よっぽど仲良くなったのか、お別れの際には涙する方も。

 

春はとれたて山菜、夏は野菜にアユ、
秋はキノコにフルーツ、鮭まで採れる、ぜひ今度は別の季節に来たい!
と皆さんおっしゃっておりました。

 

最上川下り

松尾芭蕉の句にも読まれた、国内最長の最上川の流れに身をまかせ、
船上からの景色を楽しむ「最上峡芭蕉ライン舟下り」こたつのある船内はポッカポカです。

スクリーンショット 2017-02-05 19.13.51

船頭さんの軽妙な語りに耳を傾けながら、今回の農泊ツアーの思い出をバックに記念撮影。

201734-5 戸沢村農泊体験_2524

山形県戶沢村~秘境雪村&伝承野菜食文化体験~

は暖かい雰囲気の中で終わりました。
また、体験終了後にBreathe TOKYOにメッセージを送ってくださって、
本当にありがとうございます。
これからも様々なディープカルチャー体験を企画、開催しますように
頑張ります。

 

今回Breathe TOKYOの山形県戸沢村体験はすごく素晴らしかった。
普通の旅行で体験できない貴重な体験ばっかりだった。
農家の暖かい気持ちがすごく伝わって来る。食事がすべて美味しいかった。
機会があれば、またこのようなディープカルチャー体験に参加したい

Signed up for the trip empty headed and
ended up having an amazing time!
素晴らしくてびっくりする体験ばっかりだった。
農家のみんながすごく親切で、いっぱいお話をした楽しかった。
このような体験は一回参加すべきだ
。”

初めての民宿宿泊体験だ。田中さんもご家族もすごく親切で、
晩御飯のときに、田中さんの奥さんに山形料理を教えてもらった。
翌日民宿を出るとき、田中さんが取り立ての野菜をこっそりと
私にくれた(笑)奥さんが「あなたに会えてよかった。」と言ってくれて、
すごく感動して涙出そうだったわ

【感謝!】2016年1月 東京出發1.5hr的新瀉滑雪合宿(初學者附滑雪教學體驗)&好米/名酒/日本溫泉名所 越後湯澤在地文化深度體驗

在大家熱烈的支持下,Breathe TOKYO首次的新瀉滑雪合宿&在地文化體驗平安落幕了。
感謝每個參加者互相幫忙與打氣,讓多位的初學者順利有個滑雪初體驗!

皆さまのご協力の元に、ブリーズ東京はじめての新潟スキー合宿&ローカル体験が無事に終わりました。参加者同士の助け合いや励みあいがあったおかげで、今回も多くのスキー初心者を送り出すことができました。ありがとうございます。

IMG_2658

不知道大家還記不記得一開始的三角形剎車?把重心放在體軸上,雙腳微蹲,聆聽雪的聲音是這次很重要的重點。雖然從早上有了像是重量訓練般的運動量,沒辦法,誰叫我們這次不是新瀉旅行,而是新瀉『合宿』呢! 笑

 合宿時に何度も練習したのは、トライアングルの足でブレーキをかけたり、滑ったりすること。重心をカラダの軸に置きながら、両足をやや曲げて、スキーの音を合図に滑ること。合宿が終わっても、カラダで覚えてれば、スキーを簡単に楽しめますよね。今回は朝からヘビーなトレーニングとなりましたが、新潟スキー旅行にならず、新潟スキー合宿ですから、しょうがないですね。笑

 

IMG_0791

參加者之中年紀最小的是8歲的小男孩,初學者中上手最快的就非他莫屬了。(跌倒次數最少!)

参加者の中で最年少なのは8歳の男の子でした。初心者の間では上達も早かったです(転ぶ回数が圧倒的に少なかった)

IMG_2647

集中訓練後,MIYUKI老師帶著大家體驗坐纜車上坡,中途較容易跌倒的朋友,
經驗豐富的老師也帶著大家用另一種方式享受滑雪。

トレーニング後、MIYUKIさんにガイドしてもらい、 リフトの初体験してゲレンデに登りました。途中転びやすい方には、違う形で滑る体験をしてもらいました。

IMG_2665

這次最想分享給大家的是為大家準備溫馨民宿的前世界滑雪冠軍選手MIYUKI 爸爸,
沒想到這次很幸運的可以看到MIYUKI 爸爸露一手魔術,讓睡眼惺忪的早晨馬上變得很開朗!
經歷過各種世界大賽的MIYUKI爸爸,看到我們一行人一直猛呼『加油!加油!』一問之下才知道,原來每次比賽途中都有很多人對著他說這個單字,後來一查才知道是應援語的意思,於是這個單字就成了他最長掛在嘴上的中文之一了。(感覺非常樂觀)

今回募集の段階から皆様にご紹介したかったのは、心温かいロッヂを用意してくれた、元世界チャンピョンのMIYUKIパパでした。とてもラッキーなことに、ご本人からマジックを披露してもらえましたので、ねむ〜い雰囲気に包まれた朝の食卓も一気に笑顔に満ちて元気で明るい食卓になりました!

第二天的早上,帶著大家體驗「坐禪」,坐禪跟瑜珈有相似之處,都在教我們,要調整心,需要先調整好姿勢,再調整好呼吸,那麼,心就自然被調整到一個安穩的狀態了。

2日目の朝は、『座禅』の体験へ。座禅というのはヨガと似ていて、心を整えることを教えてくれます。心を整えるのに、まずは姿勢を整えて、呼吸を整える。そうしますとおのずと心の落ち着きにたどり着くという。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

經過坐禪後帶大家到鄰鎮的鹽澤站到一間口碑非常好的古民家咖啡「i.e.」日文發音是「家」的同音,
大家可能沒發現,這裡也隱藏著一個BT People ,老板娘煮出一手跟東京同等級的好菜,
經過採訪後才發現,原來老闆娘也是最近常會看到的返鄉遊子之一,曾經也住在東京,
返回老家後拿著一手好菜開了店,這貼近當地不會太過度華麗的姿態,難怪會吸引當地人排隊也要吃上這如家溫暖又飽足的一餐。

座禅のあとは隣の町塩沢駅に移動して古民家カフェ『ie.』へ。ここにも実は隠れBT Peopleがおりました。美味しいお料理を振舞ってくれるオーナーの方は、数年前に東京から帰省してお店を開いた方でした。あえて華麗な外見をつけずに、東京と同レベルな美味しさをお店に訪れる客に振る舞う。そこには近所に好評をいただいた秘訣があるように伺えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

這次為大家介紹日本著名新瀉清酒品牌 八海山釀造廠的天然雪室,這裏遇到的BT People是Li 桑,聽著我們一行說中文的人要前往參觀,Li桑特別為我們準備了一整份中文說明,還有特別時間段的開放,雪地裡我們感受到一陣熱情!

次に、新潟といえば知らない人がいない八海山醸造の雪室へ。

ここで出会ったBT Peopleは雪室案内係のLi(日本の方です)さんでした。先日のお問い合わせで中国語を母国にした私たちのために、わざわざ中国語案内を作ったり、特別案内時間まで設けていただきました。ささやかな思いやりには雪国の情熱さを感じさせていただきました。

IMG_2673

酒藏內也有限定的橡木桶燒酒,最長可以預放5年的限定清酒等等,除了品酒以外,
不知道大家有沒有發現,傳統的「八海山釀造」正在用很積極的方式做不同的挑戰,
帶給大家新面貌呢?

雪室の横にある酒蔵には、ウィスキーの醸造方法に真似た焼酎もあれば、最長5年も預けられる限定お酒もありました。

これら限定品を試飲できることももちろん嬉しいことですが、ここではまた、八海山醸造の次から次へとチャレンジに取り組むことにワクワク感じさせますよね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

其中最令人心動的,應該是這一整排雪室限定的清酒吧。
聽Li說,這是今年試作的,接下來還沒有追加生產的預定,叫人不心動還真不行!

最後に、最も心響かせるのは、ここ雪室の天然エレルギーをつかったお酒で、ここにしかお取り扱いのないものです。Liさんからのお話によると、これらの雪室酒は今年実験的に販売したものでして、今年はまだ追加生産の予定はなさそうですが、ついつい買わなきゃ!と思わせてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

重新回頭看過這一次的新瀉滑雪合宿&在地體驗一行,
希望有讓每位參加我們活動的朋友,
都能透過與當地人的交流,為自己的生活帶點收獲,下個滑雪活動可能要等明年了,
期待能跟大家在下一個活動相見:)

改めて今回の新潟スキー合宿&ローカフ体験を振りかえてみましたが、少しでも参加していただいた方に、今回の体験を通じて、現地の方々と交流していただきたいです。

そこから、少しでも自分の生活にいい収穫につなげていけたら嬉しいと思います。

次のスキー合宿は来年になりそうですが、また皆さまと他の体験イベントにお会いできると楽しみにしております。