Tag Archives: 日本文化

▕▍【魚民】▕▍帶領你深度探索日本的飲食文化・鮨SUSHI

 

森田写真1

 

百年老店壽司師匠,閒談中手把手傳授技藝。
將日本第一的山珍海味,親手握成壽司!

說到靜岡,除了日本茶,你還會想到什麼呢?
由富士山湧泉名水所孕育生長的山葵・芥末,也是這裡的一大名產。

而日本最深的海灣-駿河灣也位於靜岡市。
正有有這樣絕佳的地利位置,
靜岡縣的魚獲量也非常新鮮種類也非常繁多。
所以來到靜岡縣還有一個一定要吃的,那當然是壽司啦!

這次我們特別來到明治時期就開業,

位於靜岡縣的壽司老店 – 魚民。
來體驗如何做出正統的日式握壽司跟軍艦卷!

我們來到了充滿著日式風情的茶屋式建築,
首先在衛生環境非常嚴格的日本,第一件事當然是要洗手啦!

第四代店主森田先生緩緩地跟我們解釋魚民的歷史,
以及因為擁有駿河灣新鮮的漁獲,所以當然能做出新鮮味美的壽司!

首先森田先生要我們試試來磨芥末,
森田先生說,由於靜岡縣的水非常的乾淨,
所以芥末其實也算是靜岡的名物之一。
好吃的壽司當然其中畫龍點睛的芥末也是很重要喔~

 

寿司とお茶体験_180627_0025

 

磨完芥末後終於迫不及待要進入正題了。
首先,森田先生先示範了一次正確握法給我們看。

曾經在東京築地非常有名的料亭「つきぢ田村」修業,
並回到故鄉繼承家業的森田先生,
動作非常俐落的就完成了一個鮪魚握壽司。

 

寿司とお茶体験_180627_0031
接下來森田壽司要為我們示範的是軍艦卷,
他說軍艦之所以叫軍艦卷,
是因為造型長得很像軍艦的樣子因此有了這個名字。
森田先生毫不手軟把滿滿的鮭魚卵鋪在剛做好的軍艦上。
接下來就是自己的體驗時間了

在森田先生與店裡的工作人員的細心指導下,
我跟我的隊友們都完成了自己的握壽司與軍艦卷上,
看起來是不是有模有樣的呢?(笑)

接下來森田先生我們要做的是捲壽司,
比起剛剛的握壽司,這個感覺難度比較簡單(呼)。
在日本其實放入的材料有相當多,
不喜歡吃生魚片的也可以放入酪梨或是納豆,
森田先生一邊指導一邊跟我們細心解說。

 

寿司とお茶体験_180627_0029

 

完成了壽司體驗之後,當然接下來要親自品嚐努力的成果了。
森田先生與店內的師傅又另外幫我們完成了各種新鮮的握壽司,
配上熱呼呼的味增湯跟靜岡茶。
應該是靜岡的名物大全了吧(笑)

 

寿司とお茶体験_180627_0028

 

在我們一邊吃飯的同時,
森田先生很健談的一邊跟我們介紹壽司的正確吃法在跟我們聊天,
他說,其實還有一個也身為一個專業的壽司師傅得做到的,
就是得跟坐在櫃檯前的客人聊天,由聊天的內容來判斷客人的愛好,
再來判定下一道要端出什麼樣的握壽司。

也要清楚的記得客人的長相跟愛好,
才不會在下次在客人面前端出客人不喜歡的料理。

在愉快的聊天中我們很快就吃完了美味的壽司,說完了『多謝款待』後,
可以穿著店內的制服在屏風前來張偽壽司職人的紀念照!

 

寿司とお茶体験_180627_0030

 

下次如果再來靜岡,除了喝茶之外,不妨也來魚民,當個一日的壽司達人吧~
|| 壽司體驗 ||

■費用:5,400日幣(未稅/信用卡支付/需預約)
■最低人數:4人以上成行
■地點:魚民
跟著江戶時代開業百年老店的第四代傳人作壽司吧! 從磨製靜岡純水所栽培的芥末開始,一步步將駿河灣的新鮮漁獲製作為各種壽司。 
                
[ 詳細內容 ]
百年老店第四代職人師傅將親自教學:握壽司、捲壽司、軍艦壽司。
除了在產地用高級新鮮的食材
(靜岡名物芥末、銷往築地市場的在地駿河灣新鮮漁獲)製作。 
還可在70年歷史的日本建築內穿上職人服裝,留下你專業的身影。 
                
■費用:5,400日幣(含稅/信用卡支付/需預約)
■最低人數:4人以上成行
■地點:魚民
■體驗時間:90分鐘(富士露營體驗第三天中午10:45-12:30)
■費用包括:WASABI磨製、壽司體驗3貫+鐵火卷、職人服裝穿著
■費用不包括:酒水、其他個人消費、回程交通
■注意事項:
1.僅提供抵達壽司店體驗的單程交通(去程),
回程需自理(Breathe TOKYO可協助叫計程車
2.體驗不包含壽司套餐。可自行在店內消費。

圖例為富士套餐:特上壽司8貫+鐵火卷2,916日幣(含稅)

富士

▕▍【靜岡まる茂茶園】▕▍茶茗久服,令人有力悅志。

DSC_2565

由昭和創業茶園五代目茶師,帶你領略感動人心的每一杯茶。

這次Breathe TOKYO帶著新朋友到達位於靜岡縣的まる茂茶園。

我們搭著車緩緩地穿越s型的斜坡,看著前方山腳下的駿河灣一路往前開去。
茶園五代目茶師親切地問我們從哪來,
在有一搭沒一搭的談天中,他說:到了喔。

往前看去眼前是一片青綠的茶園,身後則是大大的富士山。
要不要趁著天氣好,趕在動手採茶前,先跟茶園與富士山拍張照呢?
原來,害羞的富士山一年只有三分之一的時間才能見到。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拍完照後,茶園五代目茶師-本多先生已經在茶園的另外一頭等著我們。
他笑笑的跟我們說,是不是跟台灣的茶園長得不太一樣呢?

原來靜岡的產茶占了日本的百分之四十,
雖然統稱為靜岡茶,但產地與茶種卻非常繁多。
雖然我們到訪的時間已經過了第一批新茶的採收時期,
但的茶園跟遠方的富士山相望還是非常療癒。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本多先生親自為我們解說日本茶傳說中『一芯二葉』的採摘方式,
還有遠方各種茶種也有不同的名稱,
從茶樹的顏色,或是茶葉的形狀與大小,都可以輕鬆地去判別。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

依照茶葉摘採的部位還有製法所製出來的茶種也會有所相異,
本多先生說:例如像這個枝幹的部分,製出來的茶就會被稱作莖茶(くきちゃ)。

茶葉採摘完後,本多先生小心翼翼的將茶葉收起,

他說:可以幫你們製成茶葉當成土產帶回去喔!
雖然新茶的季節已過,但我們採摘茶葉也可以變成是夏天最棒的二番茶。

01P5230299

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

放下竹籃後,茶田中擺好茶具笑盈盈的迎接我們正是本多太太。
首先,我們看到茶杯裡有一片茶色的樹葉,裡面是清澈的茶汁。
一口喝下之後,水的甘甜與淡淡的茶樹氣息在口中環繞。

本多先生說,這種茶可是まるも特有的大寒茶,別的地方可是喝不到呢!

我們一口氣喝了大寒茶、日本茶、煎茶、焙茶、荒茶、紅茶等等。
一口氣可以享用富士山下的好水泡的茶,
看著遠方的茶田與富士山,覺得早上因早起的疲憊感覺都一掃而空了(笑)。

當中本多先生也跟我們解說了很多關於中國茶的知識。
原來他也因為茶的關係,很常到上海或是印度等各地去宣揚靜岡茶。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

喝完茶之後,我們回到了茶園的店舖,
他們笑說剛好店裡頭有茶姑娘的服裝可以有茶姑娘的衣裝可以換上,
問我們想不想變身為茶姑娘呢?

或者是下次,我們也可以換上茶姑娘的裝扮,到茶園裡真正的當一次採茶姑娘。

 

お茶体験

 

體驗結束後,從本多先生的言談之中可以知道他對於茶的喜愛與茶的多聞。
由輕鬆的對談中,感受新感覺的茶會。
在這短短的時間內,
本多先生讓我們看到了所謂茶師所要傳達一期一會的精神和感動。
希望下次大家能一起來體驗,深入了解在富士山腳下獨特的靜岡茶魅力。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

靜岡茶體驗
■費用:5,400日幣(含稅/信用卡支付/需預約)
■最低人數:4人以上成行
■地點:富士山まる茂茶園
■體驗時間:120分鐘(富士露營體驗第二天下午)

日本第一茶鄉 | 靜岡 | ,靜岡縣富士御茶
前往富士山旁的茶園,採收富士山風土所孕育的新鮮茶葉。
並由茶師介紹富士御茶及品茗,由一期一會體驗深層的日本文化。

[ 詳細內容 ]
前往富士山まる茂茶園,換上採茶裝在位於富士山旁的茶園進行採茶體驗。
採茶結束後,將由茶師介紹富士御茶及品茗的歷史與專門知識。
透過以茶為主題的新形態茶會,領略日本四季深層的茶文化。

■費用:5,400日幣(含稅/信用卡支付/需預約)
■最低人數:4人以上成行
■地點:富士山まる茂茶園
■體驗時間:120分鐘(富士露營體驗第二天下午)
■費用包括:換裝採茶體驗、富士御茶介紹、品茗教學
■費用不包括:採收茶葉烘焙( 2000日圓30g)
■注意事項:
1.雨天時,活動內容將有所變動。
2.採收茶葉烘焙耗時較久,無法當日領取。(可由Breathe TOKYO代為領取並寄送。)
3.體驗時間為富士露營體驗第二天下午,如欲在露營期間其他時間進行體驗,請與我們聯絡洽談。

 

觀賞太神樂 X 體驗阿波舞,深度體驗日本傳統文化!

大家好,我是Miki。

 

不知道大家對於日本傳統藝能的認識有多少呢?
Miki對於日本文化很有興趣,
但對於傳統藝能,搞不清楚的東西有十分多。

 

3月26日(日) 13:30-17:30
史上初!中・英文導引
舞動傳統,鼓動夢想的高圓寺阿波舞深度體驗

[報名請點這裡] [了解體驗詳情請點這裡]

除了高圓寺阿波舞的觀賞與親身體驗以外,
還會為大家介紹「太神樂」,並由專業藝人為大家表演。

吉岡 YSOK_1012

太神樂(だいかぐら)

起源自日本伊勢、尾張(熱田)、水戶一帶的神樂,
是一種自古以來於神社祭典時進行的音樂舞蹈等。

太神樂由『舞』『曲藝』『話藝』『樂器(鳴り物)』四部分構成,
每一個部分又包括多種不同的演出項目。

20070814001

在最早,太神樂屬於奉獻神明的【神事藝能】,
但經過發展及時代變遷,
現在的太神樂演變成普羅大眾也能輕鬆欣賞的【舞台藝能】,
當中作為獅子舞余興的曲藝,更發展成大眾娛樂【寄席藝能】。

20070814011

日本的傳統藝能分世襲制與非世襲制兩種,
世襲制例如有大家很耳熟的歌舞伎,
而太神樂雖然屬非世襲制的傳統藝能,
但要學會還是要到養成學校接受嚴格的訓練。

20070814002

在3月26日的體驗當天,
我們有慶請來在太神樂領域非常有名氣的翁家和助先生(上面照片的左邊)
親臨現在為大家介紹太神樂。

更會安排專業藝人為大家表演太神樂裡面的
【舞】當中的獅子舞 及【曲藝】當中的雜技 兩部分。

 

想近距離欣賞・了解日本傳統文化的朋友,
邀請您3月26日親身前來體驗。

報名舞動傳統,鼓動夢想的高圓寺阿波舞深度體驗 [點我報名]

3月26日(日)體驗詳細內容請參考 [這裡]

高圓寺阿波舞,為什麼一開始被稱為傻瓜舞?[認識高圓寺阿波舞]

 

 

一起來認識讓日本人都著迷的阿波舞!_日本人も外国人も魅了される阿波踊り!

(日本語併記、スクロールしてご覧ください)

 

大家好,我是Lian!

這次Breathe TOKYO很榮幸的爭取到帶大家體驗東京高圓寺阿波舞的機會。
讓大家可以在最近的距離接觸到日本的夏日祭典文化。

吉岡 YSOK_1012

不過,阿波舞到底是什麼呢?

其實阿波舞是來自日本的德島縣的傳統祭典舞蹈,
至今約有400年的歷史,
是日本公認的三大盆舞之一。

 

認識阿波舞,也就等於認識了日本夏日祭典文化
所以今天就讓我們一起來揭開
這有名的「阿波舞」神秘的面貌吧!

 

日本祭典代表舞蹈——盆舞

在介紹阿波舞之前,先讓我來解釋一下什麼叫做盆舞。
盆舞是一種在盂蘭盆節時親朋好友鄰居等聚集在一起跳的一種舞蹈。
原本盆舞是在盂蘭盆節中為了祭祀亡靈的一種佛教的儀式,
到了鎌倉時代,盆舞的娛樂性質超越了宗教性質,
也漸漸的演變成了現代這種華麗及熱鬧的景象。

 

阿波舞的起源

阿波舞是屬於盆舞的一種
但其實起源是什麼,其實眾說紛紜,
到現在都還沒有一個固定的說法。
唯一可以確定的是,
阿波舞是在德島藩祖・蜂須賀家政
在1586年(天正14年)進入德島時發揚光大,
並且在第二次世界大戰結束後,成為了戰後復興的象徵,
進而發展成為最具有代表性的日本傳統文化之一,廣受世界的矚目。

スクリーンショット 2017-02-03 13.35.27

 

東京高圓寺阿波舞的第一步

把舞台轉到在60年前,1957年的高圓寺。
當時位於高圓寺隔壁的阿佐谷在1954年開始在商店街舉辦七夕祭,

引起了外人的矚目,為商店街帶來了充沛的利潤。

 

看到了這個景象高圓寺的人們感到不服輸,
決定也要在高圓寺舉辦夏日祭典。
一般日本的傳統祭典大多都是中間建一個高台,
大家繞著高台跳盆舞,
可是高圓寺的純情商店街的街道並不寬闊,
無法以一般的形式舉行祭典。

2017211 高円寺演芸まつり_495

正當居民們在為祭典的是煩惱時,
突然有人說了一句
「雖然我也沒看過,但聽說在四國的德島縣有一種遊行式的舞蹈喔!」
這一瞬間,居民們好像看到了一道希望的光芒,
決定了要舉辦那聽說的遊行式舞蹈——也就是阿波舞。

 

雖然已經決定要舉辦阿波舞,
但高圓寺的居民並沒有人真正的看過這種舞蹈,
只能找了民謠的老師及傳統音樂演奏者設計了一個可能是阿波舞的舞蹈。
就這樣高圓寺的居民們就開啟了東京高圓寺阿波舞的這個大門,
喔不,那個時候因為是自己拼湊出來的,
不敢直接叫阿波舞,取名為高圓寺傻瓜舞(高円寺ばか踊り)

a05_img02

一剛開始,祭典並沒有想像的順利,
大家花了許多時間累得半死,聚集來的人也只有當地居民的幾千人,
還有一次被警察警告不許因為一個小小的商業活動就封鎖道路,
除了上面兩點,當時還面臨了好幾次有可能閉幕的危機。

 

與發祥地德島縣相識

 

高圓寺傻瓜舞舉辦了3次之後,
在第4年的1961年通過德島新聞社,
終於有機會與德島縣人組成的阿波舞團體「木場連」相識,
「木場連」的連長——鴨川長二的帶領下,
在1963年「高圓寺傻瓜舞」正式更名為「東京高圓寺阿波舞」
成長為現在我們在高圓寺看到的阿波舞。

 

東京新文化——東京高圓寺阿波舞

現在東京高圓寺阿波舞已經60年了,
也順利地成長為代表東京的文化之一,
每年都會吸引100多萬人的觀眾前來高圓寺觀看,
1萬多位的舞者歡呼,
那種觀眾與舞者成為一體的感動,只有到了現場才能感同身受。

スクリーンショット 2017-02-03 13.36.16

 

東京高圓寺阿波舞體驗

這次經過Breathe TOKYO「三顧茅廬」傳遞熱情後,
終於得到了能讓各位能一起體驗阿波舞的機會!

除了東京高圓寺阿波舞當天之外,
Breathe TOKYO還會在3月舉辦首次的中文「高圓寺阿波舞深度體驗」。

2017年3月26日(日),
跟著我們一起見證,
史上首次中文 『高圓寺阿波舞深度體驗』


這一天我們會為大家準備的內容如下:

開辦日期:
2017年3月26日(日)  13:30~17:30
(由於準備的關係,報到時間改為13:30,體驗於14:00開始。)
集合地點:
座 高圓寺 B2樓

スクリーンショット 2017-02-03 13.37.32

photo6-4

體驗內容:
– 阿波舞體驗(自我介紹/ 阿波舞說明/實演/ 教學 / 練習/換裝實踐 / 攝影)
– 日本傳統演藝體驗(開場 / 說明 / 由來/實際操作體驗 / 攝影)
除了高圓寺阿波舞以外,我們也會為大家介紹高圓寺非常有名的日本傳統技藝。

初學者參加:

體驗語言:
中文
需攜帶:
換穿衣物,  擦汗毛巾,  水,  筆記用品
費用:
2,000日幣 / 人  (含稅)
※紀念史上首次中文高圓寺阿波舞深度體驗的特別價格!
費用包含:
– 阿波舞體驗費用 (講師費 / 場地費 )
– 日本傳統演藝體驗費用(講師費 / 材料費 )
– 中文翻譯隨行
費用不含:
– 接送
– 追加體驗
– B級美食與燒鳥料理體驗(需自費參加)

預約報名請從[這裡]

主辦單位:
946634_189149464584923_1894862249_n

中央線あるあるプロジェクト(中文直譯:中央線ARUARU PROJECT)
官方粉絲頁

協辦單位:
    
スクリーンショット 2017-02-03 13.44.11

15698340_834171153286026_7584589178676802788_n

注意事項】
–  請穿著或攜帶適合運動伸展的服裝,場地內有洗手間供簡易換裝。
–  配合課程設計,課程開始十分鐘後恕不接受延遲進場。
–  參加者請自行注意個人身體狀況,課程中若身體不適,請立刻停止活動。
–  若有孩童同行,請事先透過信件告知。

取消條款】
1週前             50%
1週~2天前     80%
前1天~當日  100%

※  高圓寺特別體驗(自由,自費參加體驗)
解散後,
我們將會特別請當地高圓寺居民帶路,到高圓寺(其實!)很有名的B級美食居酒屋
享受這裡聞名的居酒屋料理與燒鳥料理。
想要體驗線路下的居酒屋燒鳥體驗的朋友,歡迎加入我們的行列!
注:未成年請勿喝酒

スクリーンショット 2017-02-03 13.29.06

預約報名請從[這裡]

ーーーーーーーーーー下記、日本語表記ーーーーーーーーーーー

 

皆さまこんにちは、Lianです!

 

皆さまのお陰で、Breathe TOKYOが東京高円寺阿波踊り体験を開催するのことができました。
阿波踊り体験を通して、皆さまと一緒に日本の夏祭り文化を身近で体験できたら嬉しいです。

 

阿波踊りは一体なんでしょうか。
あまり知らない方(特に海外の方)が多くいらっしゃると思いますので、
ここで阿波踊りを紹介させていただきます。

吉岡 YSOK_1012

阿波踊りは日本徳島県発祥、
約400年の歴史がある伝統的な舞踏です。
日本公認、三大盆踊りの一つです。

 

阿波踊りを知ることによって、
日本の夏祭り文化をもっと楽しめると思います。

 

日本祭りの代表舞踏——盆踊り

 

阿波踊りを紹介する前に、
まず盆踊りについて簡単に説明させてください。

 

盆踊りは元々盆の時期に死者を供養するための行事です。
ただし時代が進むとともに、盆踊りの性質が変わり、今では宗教の色が薄くなりました。
友達や近所の方々と集まって踊り、夏休みの間の大きなイベントになっています。

 

阿波踊りの由来

阿波踊りは盆踊りの一種で、
様々な説がありますので、
由来についてはっきりと分かりません。
唯一分かるのは、
阿波踊りは徳島藩祖・蜂須賀家政が
1586年(天正14年)に徳島県に持って入りまして、
第二次大戦後に戦後復興の象徴として発展し、
世界から注目を浴び、日本代表的な日本伝統文化となりました。

スクリーンショット 2017-02-03 13.35.27

 

東京高円寺阿波踊りの第一歩

初めての高円寺阿波踊りが開催されたのは60年前、
1957年です。
当時、高円寺の隣にある阿佐ヶ谷が

1954年から商店街で七夕祭りを開催し、
祭りのお陰でたくさんの注目を集まり、
商店街の売り上げもアップしました。

 

それを見た高円寺の住民たちが
「阿佐谷に負けてなるものか!」
という想いを抱えながら相談した結果、
夏に高円寺に祭りを行うことに決意をしました。

2017211 高円寺演芸まつり_495

一般的な日本伝統祭りは広い広場の中央に舞台を立て、
みんなが円陣を作って回りながら踊るのですが、
高円寺の商店街が狭いため、
そのような祭りを開催することはなかなか難しい。

 

住民たちが頭を抱えていると、
「私は見たこともないのだけれど、四国の徳島というところには、
道を踊りながら進む踊りが有るらしいよ」と、
ある住民が言い出しまして、
この一言がきっかけとなり阿波踊りを始めることになりました。

a05_img02

しかし、
実際に阿波踊りを見た住民がいないため、
舞踏は民謡の先生や伝統音楽を演奏できる方などに頼み、
これが阿波踊りだろうという舞踏を作りました。
また、名称は正式に阿波おどりと名乗るのも憚られ
「高円寺ばか踊り」に決まりました。

 

高円寺ばか踊りの開催は思ったより
乗り越えないといけない壁が多くありました。
例えば、観客がたった数千人しか集まらなかったり、
警察から「1商業活動のために天下の公道をふさぐことは出来ない」
との理由でまたもや存続の危機に直面したりしました。

発祥地徳島県との出会い

 

4回目の高円寺ばか踊りを開催する1961年に
徳島新聞社を通じて、高円寺の住民たちがやっと
徳島県人会で結成された「木場連」と巡り会った。
しかも「木場連」の連長—鴨川長二さんのご指導の元で、
1963年に高円寺ばか踊りが正式的に「東京高円寺阿波踊り」となり
今私たちが見れる壮大な高円寺阿波踊りに成長しました。

 

東京新文化——東京高円寺阿波踊り

60周年を迎えた東京高円寺阿波踊りは
現在東京を代表する文化の一つになりました。
毎年100万人以上の観客が来場され、

祭りで踊る参加者は1万人越え
観客とダンサーが一体になり、
非常に迫力のがある祭りです。

スクリーンショット 2017-02-03 13.36.16

東京高円寺阿波踊り体験

この度、阿波踊りの素晴らしいさを皆さまに伝えるため、
Breathe TOKYOが3月に史上初の中国語&英語案内
阿波踊り体験を開催いたします。

 

2017年3月26日(日),
私たちと一緒に

史上初の中国語「高円寺阿波踊りを学ぶローカル体験」に参加しましょう

当日の内容は以下の通り:

開催日程
2017年3月26日(日)13:30〜17:30
(準備のため、受付は13:30に変更し、体験は14:00よりスタート)
集合場所
座 高円寺 B2

スクリーンショット 2017-02-03 13.37.32

photo6-4

体験内容
阿波踊り体験(自己紹介/阿波踊り説明/実演/レッスン/練習/着替え/実践/撮影)
日本伝統演芸体験(開場/説明/由来/体験/撮影)
高円寺の阿波踊り以外にも高円寺で有名な伝統芸能を紹介します。

初心者參加:

体験語言:
日本語・中国語
持ち物:
着替え,  タオル,  水,  筆記用具
費用:
2,000円 / 人  (税込)
※史上初の中国語高円寺阿波踊りローカル体験の特別価格となります

費用は下記を含む
-阿波踊り体験費用(講師/会場)
-日本伝統演芸体験費用(講師/材料費)
-中国語通訳

費用に含まれないもの
-送迎
-追加体験
-B級グルメ及びやきとり体験(実費参加)

お申し込みは[こちらから]

主催者:
946634_189149464584923_1894862249_n

中央線あるあるプロジェクト
オフィシャルファンページ

協賛:
    
スクリーンショット 2017-02-03 13.44.11

15698340_834171153286026_7584589178676802788_n

【注意事項】
-当日は動きやすい服装を持参するか着用してお越しください。

会場内にはお着替えできるお手洗いがあります。
-授業進行のため、10分以上遅れた場合は参加できません。
-参加者は自らの体調を把握してください。具合が悪い場合は直ちに体験をやめてください。
-子どもの同行がある場合は事前にお知らせください。

キャンセル事項
1週間前    50%

1週間〜2日前  80%
前日〜当日  100%

※高円寺特別体験(自由、実費参加体験)
解散後は高円寺の住民の案内で、高円寺の非常に有名なB級グルメ居酒屋で居酒屋料理と焼き鳥をいただきます。
アンダーグラウンドの居酒屋・焼き鳥体験をしたい人は、ぜひ参加してください!
注)未成年者の飲酒はお断りします

スクリーンショット 2017-02-03 13.29.06

お申し込みは[こちらから]

 

【First-ever! Sunday, March 26, 13:30-17:30 With Chinese & English】 Local culture experience of Koenji Awa Odori_ Learn, dance with professional dancers!!

(日本語併記、スクロールしてご覧ください)

吉岡 YSOK_1012

 

Hello everyone, this is KIWI.

 

Almost one year has passed since Breathe TOKYO had begun the first activity.
We are always considering a few things when we are planning an experience event.

 

All customers, regardless of the residence staying a short period of time or living in Japan,
experience local Japanese culture between work and living.
Through the experience, they can discover, aware or learn something beneficial for themselves.This is our motto.

 

I introduce

Koenji Awa Odori

this time.
Koenji has been memorable place for me since I traveled in Japan.
Perhaps you may not know where Koenji is.

 

What is Koenji (Fusion of Tradition and Gastronomy Junjo=Pure Kouenji)

The “Koenji” station is located along the Chuo Line, which everyone has heard once.

 

4 stops from Shinjuku, it is the next station of Nakano station
where is famous for Nakano Broadway as the sacred place of Sub-culture
(Within walking distance)
スクリーンショット 2017-02-03 13.28.00

Route Map from JR Chuo Line official site

 

Recommendation for traveling in Tokyo is to spend a day on the Chuo line.

 

The Ghibli Museum (三鷹の森ジブリ美術館 Mitaka no Mori Jiburi Bijutsukan)
is located in Mitaka(west side). A shopping paradise Shinjuku is located in the east.

 

In the middle, Koenji is located where you can enjoy a B-class gourmet and relax retro café.
Junjo syoutengai (Junjo shopping street) is the symbol of Koenji.

スクリーンショット 2017-02-03 13.28.46

スクリーンショット 2017-02-03 13.29.06

 

Encounter with the Koenji Awa Odori Festival

Ten years ago when I just came to Tokyo, I don’t know what’s what.
One of my friends introduces Japanese friends who live in around Koenji and Nakano area.

 

All Japanese invited me to a weekly gathering with full of their love.
Sometimes they introduced the seasonal events and festivals of Japanese culture
in Kouenji area enthusiastically

 

A lady who lives in Koenji said
“I always go to go Awa Odori at Koenji in summer! You should go there too”.

 

After I heard that, I asked my Japanese friend with courage and decided to participate to the Festival.
More than 1 million people will Visit in the last weekend of August every year. (Let’s go!)

 

When you leave Koenji Station, you can see many teams who are preparing for performance already.
If you look closely, each team is different and the costume shows the name of the “REN”
that each belongs to.For only two days, we can see about 163 pairs of “REN”,
each “REN” perform differently.

スクリーンショット 2017-02-03 13.34.24

The local “REN” of “NPO Association for the Promotion of Tokyo Koenji Awa Odori”
are grown 17REN to 30REN in10 years.

v02_img01

Reprinted from “NPO Association for the Promotion of Tokyo Koenji Awa Odori “

When the opening announcement is over, traditional Japanese drums,
whistle and bell (kane) sounds ring throughout the town.
At this time streets were already lined with people on either side.
People had been saving a place from the morning to watch their performance nearby O_O!

 

We wanted a glance and looked through a crowd on the alley.
What I saw were passionate performances of outcome which were their daily efforts.
With the rhythm of Japanese drum, I felt the impression of watching
Japanese traditional dance for the first time.With the pulse to my heart,
I was so impressed that I had goose bumps.

 

From that time, this summer festival was my precedent.
That impression is hard to express in writing, so I hope this video helps you.

 

Started with the promotion of shopping street,
which was developed to a new unique traditional culture

If you know Awa Odori, you know that birthplace was Tokushima.
Why does Koenji have such a traditional festival?

 

This story goes back to 1957. 60 years ago, local residents wanted to more people come to Koenji.
They established festival dance from Tokushima for promotion of the Koenji shopping street.

 

And this festival became a representative traditional culture festival of the local.

a05_img02

Today, we are many general participants and exchange participants who come from
Tokushima except 30REN belonging to “NPO Association for the Promotion of
Tokyo Koenji Awa Odori “.

 

For me, It is difficult to go to Tokushima for Awa Odori every year but it is
very luxurious experience that gathering with friends in the center of Tokyo,
enjoying summer festival with five senses and interacting with local residents.

Beating, dream of Koenji Awa Odori “REN” culture

a02_botimg

Every year when I visit the Awa Odori Festival in Koenji,
I notice that the all participants have their own position and
representation of responsibility regardless of age or sex.

 

As if switching passion, everyone form in line perfectly with a cry.

スクリーンショット 2017-02-03 13.35.27

I asked Japanese friends who actively work in the REN of Awa Odori by curiosity.
“How can you make a line so beautiful?”

 

He answered.
“It is a great opportunity. Performing in front of many people and express ourselves,
I feel like being on the stage. There is a feeling of achievement that only the person
who has experienced can understand.”

15724609_695436920632428_426031933702518649_o

“I see.”

 

So, in order to perfectly achieve a sense of unity on the “stage”,
participants can enjoy hard training spending their private time.
Everything is to fulfill “dreams” on the stage.

 

Furthermore, after Koenji Awa Odori Festival in summer,
I saw everyone cleaning the shopping street after the festival with a smile
although they are exhausted from dancing.

 

Like Japanese craftsmen, they clean up tools carefully after “performance”.
Everything is to continue this tradition, this dream and this cultural learning.

スクリーンショット 2017-02-03 13.36.16

This time, after many passionate approaches, I was able to obtain the kind cooperation
from Suginami Ward where Koenji is located. Finally, I was able to open the gate of
“NPO Association for the Promotion of Tokyo Koenji Awa Odori “.

 

The chairman and the local residents explain in plain and let you experience
Awa Odori with irrepressible passion.

 

Breathe People_TAKEYUKI TOMIZAWA(冨澤 武幸)

Awa Odori is a traditional folk performing art in Tokushima prefecture on
Shikoku in Japan and its history is more than 400 years.
It is already 60 years since Awa Odori of Koenji was held for the first time.
I met Mr. Tomizawa when I visited Kouenji Junjo shopping street.

 

Mr. Tomizawa was born in the second year of Koenji Awa Odori.
For Mr. Tomizawa who was born and raised in Koenji, Awa Odori is a
big event that surely participates every year!
Besides participating in dance, he has experience as a director of Asuka “REN” for 20 years.
Mr.Tomizawa is now Managing Director and Executive Director of “NPO Association for
the Promotion of Tokyo Koenji Awa Odori “, and he is devoted to PR and development
of Awa Odori of Koenji.

 

On that day, Mr. Tomizawa also passionately explains the details of Awa Odori to us
and let me experience.

 

March 26, 2017 (Sun)
Let’s participate in the first Chinese & English
“Local Experiences of Koenji Awa Odori”

Contents

Schedule
Sunday, March 26, 2017 (Sunday) 13: 30 ~ 17: 30

(To prepare, Door open at13:30 and the experience will start from 14:00)
Meeting place
ZA Koenji B2

スクリーンショット 2017-02-03 13.37.32

photo6-4

Experience contents:
Awa Odori experience
(self-introduction / Awa Odori explanation / Demonstration /
Lesson / Practice / Clothes change / Practice / shooting)
Japanese Traditional Performing Experience
(Opening / Explanation / Origination / Experience / Photography)
In addition to the Awa Odori of Koenji, we introduce traditional arts.

Beginner participations are welcome
Experience Language: Chinese & English
Belongings: clothes, towel, water, writing materials
Fee: 2,000 yen / person (tax included)
※ Special Price, the first Koenji Awa Odori local experiences

Fee includes the following
– Awa Odori Experience Fee (Instructor / Venue)

– Traditional Japanese entertainment experience cost (instructor / material cost)
– Chinese interpreter

Fee not includes
– Transportation

– Additional experiences
– B-class gourmet (The cost for this experience will be a personal expense)

Application from[here]

Organizer:
946634_189149464584923_1894862249_n

中央線あるあるプロジェクト
(Chuo-sen aru-aru project)

Official fan page

Sponsorship
    
スクリーンショット 2017-02-03 13.44.11

15698340_834171153286026_7584589178676802788_n

【Notes】

– Please bring or wear comfortable clothes on the day. There is a restroom where you can change clothes.
– We can not participate if we are late for more than 10 minutes because of class progress.
– Participants should be aware of their physical condition. Please stop the experience immediately if you feel sick.
– Please let us know in advance if you were accompanied by children.

Cancellation fee
One week before 50%
1 week – 2 days before 80%
The day before – on the day 100%

※ Koenji Special Experience (The cost for this experience will be a personal expense)
After dissolution, we will go izakaya and yakitori with the guidance of residents. People, who want to experience underground izakaya and yakitori, please join us!
Note) Minors are prohibited from drinking

スクリーンショット 2017-02-03 13.29.06

Application from[here]

ーーーーーーーーーー下記、日本語表記ーーーーーーーーーーー

吉岡 YSOK_1012

皆さまこんにちは、KIWIです。

Breathe TOKYO 東京深呼吸は活動をはじめて以来、まもなく一年が経ちます。
そんな私たちが体験イベントを企画する際に気をつけていることがあります。

日本在住の皆さまも、旅行で短期滞在される皆さまにも仕事や生活の合間に、
よりローカルな日本文化に触れていただく、その中から新しい発見や気づき、
学びができること、そしてご自身のためになること
これが私たちのモットーです。

今回皆さまにご紹介させていただくのは、私自身が日本で旅をしていた頃からとても縁のある

高円寺阿波踊り

もしかしたら、まだ皆さまは高円寺がどこにあるのか、わからないかもしれません。

高円寺とは(伝統と美食を融合する純情高円寺)

「高円寺」駅は、皆さまが一度は聞いたことがあるであろう、中央線沿線にあります。

新宿から4駅、サブカルの聖地として有名な中野ブロードウェイのある中野駅の隣駅になります
(徒歩でも行ける距離)
スクリーンショット 2017-02-03 13.28.00

路線図は JR中央線オフィシャルサイト より転載

 

東京で旅する皆さまへのオススメは、中央線を1日かけて遊ぶことです。
中央線は西に三鷹の森ジブリ美術館があり、東にショピング天国の新宿があります。
その真ん中にあるのがレトロなカフェで休憩したり、B級グルメを堪能したりできる、
純情商店街がシンボルの高円寺です。

スクリーンショット 2017-02-03 13.28.46

スクリーンショット 2017-02-03 13.29.06

 

 高円寺阿波踊り祭りとの出会い

10年前、東京に来たばかりの私は右も左もわからないときに、
友人の紹介で高円寺と中野近辺に住む日本の先輩方と出会いました。

日本の皆さんは包容力のある愛で、外国人の私を彼らの毎週の集まりに誘ってくれ、
時には熱心に、近くで行う日本文化の季節イベントやお祭りを紹介してくれました。

高円寺に住むおばさんは、
「夏は高円寺の阿波踊りにいくに決まってるでしょう!行かなきゃもったいないよ」
とおっしゃいました。

それを聞いて、勇気を持って日本の友人に頼み、
毎年8月最後の週末に行われる100万人も参加されるこのお祭りに参戦する事に決めました。
(Let’s go!)

高円寺駅を出たら、すでにパフォーマンスの準備をしているチームが多く見られます。

よくみると、それぞれチームが違い、衣装にはそれぞれ所属している「連」の名前が示されています。
この2日間だけで、およそ163組の「連」、
つまり違うチームのパフォーマンスを見ることができます。

スクリーンショット 2017-02-03 13.34.24

その中で、地元「NPO法人 東京高円寺阿波踊り振興協会」の連は10年間で17連から30連まで成長しました。

v02_img01

画像は「NPO法人 東京高円寺阿波踊り振興協会」より転載

開会のアナウンスが終わったら、町中から伝統的な和太鼓、笛と鉦(カネ)の音が鳴り響きます。
この時道の両側は、近くでパフォーマンスを見るために朝から場所をとっている人々ですでに
いっぱいになっていましたO_O!

私たちはどうしても一目見ようと、横の裏道で人だかりの間から覗きました。
そこで見たのは、連のメンバーが日ごろ練習した成果を情熱的に魅せる姿でした。

和太鼓のリズムで、私は初めて日本の伝統舞踊を目の当たりにした感動を感じ、心に伝わる鼓動で、
鳥肌がたつほどの感動というのはこういうことなのかを実感しました。
あれから、時間さえあれば、毎年この夏の祭りにいくのが私の定例になりました。
あの感動は文字で表すのがむずかしいので、ビデオで少しでもみなさんに届いていればと思います。

商店街振興、独自の伝統新文化

阿波踊りを知っている方なら、阿波踊りは徳島が発祥の地であることはご存じかと思いますが、
なぜ高円寺にこのような祭りの伝統があるのでしょうか?

この物語は60年前の1957年に遡ります。
当時高円寺商店街の振興で、さらに多くの人が高円寺に来てくれることを望み、
地元の住民が徳島の祭り舞踊を導入しました。
そしてこの祭りは地元の代表的な伝統文化祭りとなりました。

 

a05_img02

60年後の今、「NPO法人 東京高円寺阿波踊り振興協会」に所属する30の連以外は、
遥々(はるばる)徳島から交流のためにきた連と、多くの一般参加者です。

私にとって、毎年阿波踊りの本場徳島まで行くのは難しいけれど、
夏に友だちを誘って、東京の中心地に集まり、五感で夏祭りを体験し、
地元の住民と交流できるのはとても贅沢なことです。



鼓動、夢の高円寺阿波踊り「連」文化

a02_botimg

毎年高円寺の阿波踊り祭りに訪れる時に気づくことは、参加しているメンバーは老若男女問わず、
すべての人に自分のポジションと担当の表現があることです情熱のスイッチを入れたかのように、
一声で全員きれいに整列します。

スクリーンショット 2017-02-03 13.35.27

私は好奇心から阿波踊り連で活躍している日本の友人に聞いてみました。
「なんでこんなに綺麗にそろえることが出来るのですか?」
彼はこのように答えました。
「みんなの前で何かをパフォーマンスをする、
まさに舞台に立っているように自分を表現できるのはありがたいチャンスであり、
経験した人しかわからない達成感があるんです。」

15724609_695436920632428_426031933702518649_o

なるほど。

だから
「舞台」で完璧に一体感のあるパフォーマンスに仕上げるために
参加者は家事と仕事以外の時間を使い大変な練習をこなすことも楽しめます。
全ては、あの舞台で「夢」を叶えるため。

さらに、
夏の高円寺阿波踊り祭り後、踊りで疲れ切っているのに、
笑顔で祭り後の商店街を掃除するみなさんを見ました。

日本の職人のように「パフォーマンス」後は、感謝を持って、丁寧に工具を綺麗にするように。
すべてはこの伝統を、この夢を、この文化学習を続けるために。



スクリーンショット 2017-02-03 13.36.16

この度、私たち何度もの情熱的なアプローチの末、高円寺がある杉並区の親切な協力を受けることが出来ました。
そして遂に、「NPO法人 東京高円寺阿波踊り振興協会」の門を開けることができました。

会長及び地元の住民たちは熱い情熱を持って、私たちにわかりやすく、
阿波踊りを体験させてくれます。

Breathe People_冨澤 武幸(TAKEYUKI TOMIZAWA)

阿波踊りは四国の徳島県発祥の400年以上の歴史を持つ伝統郷土芸能です。
高円寺の阿波踊りは初めて開催されてから60年の年月がすぎました。
はじめて冨澤先生に会ったのは高円寺純情商店街に訪れた時でした。
冨澤先生は第二回高円寺阿波踊りの年に生まれました。
高円寺で生まれ育った冨澤先生にとって、阿波踊りは毎年必ず参加する一大イベント!

舞踊に参加する以外、「飛鳥連」連長を20年間も務めた経験の持ち主です。
冨澤先生は今NPO法人東京高円寺阿波踊り振興協会の専務理事及び事務局長を務め、
全身全霊で高円寺の阿波踊りのPRと発展に尽くしています。
当日冨澤先生も情熱的に私たちに阿波踊りの詳細を説明し、体験させてくれます。

 

2017年3月26日(日),
私たちと一緒に

史上初の中国語「高円寺阿波踊りを学ぶローカル体験」に参加しましょう

当日の内容は以下の通り:

開催日程
2017年3月26日(日)13:30〜17:30
(準備のため、受付は13:30に変更し、体験は14:00よりスタート)
集合場所
座 高円寺 B2

スクリーンショット 2017-02-03 13.37.32

photo6-4

体験内容
阿波踊り体験(自己紹介/阿波踊り説明/実演/レッスン/練習/着替え/実践/撮影)
日本伝統演芸体験(開場/説明/由来/体験/撮影)
高円寺の阿波踊り以外にも高円寺で有名な伝統芸能を紹介します。

初心者參加:

体験語言:
日本語・中国語
持ち物:
着替え,  タオル,  水,  筆記用具
費用:
2,000円 / 人  (税込)
※史上初の中国語高円寺阿波踊りローカル体験の特別価格となります

費用は下記を含む
-阿波踊り体験費用(講師/会場)
-日本伝統演芸体験費用(講師/材料費)
-中国語通訳

費用に含まれないもの
-送迎
-追加体験
-B級グルメ及びやきとり体験(実費参加)

お申し込みは[こちらから]

主催者:
946634_189149464584923_1894862249_n

中央線あるあるプロジェクト
オフィシャルファンページ

協賛:
    
スクリーンショット 2017-02-03 13.44.11

15698340_834171153286026_7584589178676802788_n

【注意事項】
-当日は動きやすい服装を持参するか着用してお越しください。

会場内にはお着替えできるお手洗いがあります。
-授業進行のため、10分以上遅れた場合は参加できません。
-参加者は自らの体調を把握してください。具合が悪い場合は直ちに体験をやめてください。
-子どもの同行がある場合は事前にお知らせください。

キャンセル事項
1週間前    50%

1週間〜2日前  80%
前日〜当日  100%

※高円寺特別体験(自由、実費参加体験)
解散後は高円寺の住民の案内で、高円寺の非常に有名なB級グルメ居酒屋で居酒屋料理と焼き鳥をいただきます。
アンダーグラウンドの居酒屋・焼き鳥体験をしたい人は、ぜひ参加してください!
注)未成年者の飲酒はお断りします

スクリーンショット 2017-02-03 13.29.06

お申し込みは[こちらから]