Tag Archives: 山梨

愛と胃袋。嚴選山梨縣八岳當地食材,充滿愛情的法式餐廳。

(中文請往下↓)

愛と胃袋。山梨県八ヶ岳の旬の食材を厳選、愛情をたっぷり感じる和フレンチ。

 

先日、山梨県北杜市に訪れたとき、「愛と胃袋」でランチを食べました。
名前だけではなく、お料理も雰囲気も印象が残るフレンチレストランでした。

 

愛と胃袋、実はオーナーの鈴木シェフが2011年に東京の三軒茶屋でオープンされた店です。
移転するとともに、ご家族との暮らし方や、働き方などについて様々なこと考えた結果、自然豊かで暮らしやすい山梨県に移転することを決意、丸4年となる2015年の9月に閉店し、2017年4月にこの北杜市にオープンしました。

 

佐久甲州街道にあった甲州最後の宿場 – 長澤宿にある、築170年の古民家をリノベーションした愛と胃袋、フレンチレストランなのに、和の雰囲気が融合されていて、ほっとします。東京では味わえない雰囲気ですね。

2017628 北杜市視察_170712_0069

店内の雰囲気はもちろん素敵ですが、テーブルに綺麗に並んでる食器・メニュー・メッセージカードに愛情を感じられますね。居心地が良いため、お子様連れの方も少なくありません。

2017628 北杜市視察_170712_0139

愛と胃袋は自然・有機栽培のお野菜や放牧の畜産、川魚など八ヶ岳の旬の食材を厳選し、美味しい食事を提供しています。今日はどんなメニューだろうと、ワクワクしますね!

 

今回食べたランチメニューにはアミューズ、オードブル、メインディッシュ、パン、デザート、コーヒーがあります。

2017628 北杜市視察_170712_0074

アミューズは「空豆 トマトの涙」というとてもおしゃれな一品です。

トマトのエキスをゼリー状にし、空豆などカラフルな野菜と合わせて食べます。野菜はそれぞれの味と食感が口の中に融合し広がるって感じでした。

2017628 北杜市視察_170712_0073

オードブルは「八ヶ岳湧水鱒

真ん中にある鱒はもちろんですが、合わせた肉(その中の一つは鹿肉)もすごく香ばしくて美味しかったです。八ヶ岳で取れる食材の種類こんなに多いんだと少しびっくりしました。

2017628 北杜市視察_170712_0072

地元で作った野菜と合わせた焼きたてのパンがすごく優しい味がしました。

2017628 北杜市視察_170712_0071
メインディッシュは肉料理・魚料理から選ぶことができますが、
穂坂を走る放牧豚」という名前に惹かれ、肉料理を選びました。

 

放牧豚は豚を放し飼いして育てる生産方法です。実は、豚はとても精神状態がデリケートな動物で、狭いところに閉じ込められるとストレスが溜まり、肉質に影響します。なるほど、勉強になりました。

 

肩ロースの煮込み 井上農場の玉ねぎソース」という作り方で、煮込まれた豚肉がとても柔らかくて、有機玉ねぎで作られた甘いソースに合わせ、肉の甘みと玉ねぎの甘みがずっと口の中に残る感じがしました。

 

ソースに使った玉ねぎは、有機野菜を栽培している井上農場のもので、BreatheTOKYOもそこでBreatheTOKYOFarmがあり、農場オーナーの井上さんに旬の野菜について色々教えてもらいました。

2017628 北杜市視察_170712_0132

細やかなことですが、肉料理を食べるときに使うナイフ、使いやすいように男女分かれています。女性用なものは男性用より軽く、かわいいデザインで、持ち手の部分に愛と胃袋が刻印されています。思いやりのあるサービスに、とても心暖かく感じます。

2017628 北杜市視察_170712_0070

最後はデザートを食べながら話し合ったりして、すごくいい時間を過ごしました。

2017628 北杜市視察_170712_0125

お手洗のデザインもかなり良くて。手を拭くハンカチ、爪楊枝などが丁寧に並んでいて、人情味を感じられる、素敵なレストランです。賑やかな東京で生活しているせいか、とても癒されました。

 

皆さんもぜひ、お機会があれば愛と胃袋に訪れてみてください。

《愛と胃袋》
住所:山梨県北杜市高根町長澤414
ホームページ:http://www.aitoibukuro.com/

ーーーーーー 以下,中文內容ーーーーーーーーーー

愛と胃袋(愛與胃袋)。是一間位於山梨縣八岳,選用當季食材,充滿料理人愛情的法式餐廳。

 

日前有機會到訪山梨県北杜市,於「愛と胃袋(愛與胃袋)」品嚐了一頓豐富的午餐。這間法式餐廳,不僅是名字,連氣氛也非常的讓人難忘。

 

愛與胃袋,本來是店主 – 玲木先生於2011年開業於東京三軒茶屋的餐廳。餐廳經營了好一段時間後,玲木先生考慮搬店,為了配合家人的生活、工作環境等多方面的考量,玲木先生決定了移居到山梨縣。於2015年把營業了4年的餐廳關閉,並於2017年4月在北杜市重新關業。

 

鈴木先生把位於佐久甲州街道、甲州最後的宿場 – 長澤宿改裝,170年歷史的古民家搖身一變為極具風味的法式餐廳。和洋融合的氣氛,在東京也不容易找到。

2017628 北杜市視察_170712_0069

除了運用古民家改裝的店內氣氛很特別以外,排到於餐桌上的食器、菜單、卡片也非常特別而且用心。坐在店內讓人非常放鬆。

2017628 北杜市視察_170712_0139

愛與胃袋嚴選來自八岳的當季食材,使用了自然、有機栽培的蔬菜,放牧飼養的家畜,河川裡捕捉的魚類等等,讓客人可以充份品嚐八岳當地的美味!也因為食材會根據季節甚至每天變更,到底今天能吃到什麼呢?真的讓人期待。

 

這次品嚐的午餐套餐,包括了小菜、冷籃、主菜、麵包、甜點、咖啡。

2017628 北杜市視察_170712_0074

小菜是「空豆 トマトの涙  (蠶豆  番茄的眼淚)」,不管名字還是外表都很特別的一道。

番茄的精華做成果凍,與蠶豆等多種彩色繽紛的蔬菜一起享用,每一口的食感跟味道都稍有不同,非常特別。

2017628 北杜市視察_170712_0073

冷盤是「八ヶ岳湧水鱒  (八岳湧水鱒)

不僅中央的鱒魚很好吃,旁邊的肉也很美味(其中一塊是鹿肉喔!)。不說真的不知道,原來八岳是個食材這麼豐富的地方。

2017628 北杜市視察_170712_0072

當地蔬菜做成的配菜及香軟的麵包配合在一起,讓人吃到一種溫暖的人情味。

2017628 北杜市視察_170712_0071
主菜是肉或海鮮,二選一。
海鮮看起來也非常好吃,但看到肉是名為「穂坂を走る放牧豚 (在穗坡奔跑的放牧豬)」,名字太有趣了!於是選了肉料理。

 

放牧豚(放牧豬)是一種豬隻的飼養生產方法。原來,豬是一個神經敏感的動物,在狹窄的地方待太久會很容易有精神壓力,因而影響肉的品質。

 

這道菜使用了「肩ロースの煮込み 井上農場の玉ねぎソース (燉豬肩 配井上農場的洋蔥醬)」的做法。燉得非常軟的豬肉香甜好吃,與有機洋蔥煮成的醬汁很配。

 

順帶一提,洋蔥是來自於栽培有機蔬菜的井上農場,BreatheTOKYO也在哪裡有一塊小小的BreatheTOKYOFarm有機蔬園,每次到訪時除了採收蔬菜,農場主人井上先生還會教我們很多關於當季蔬菜的知識呢。

2017628 北杜市視察_170712_0132

從細微的部份,可以看得出店家的用心。在品嚐肉料理時,發現店家會特別分開男生及女生使用的刀子,男生的把手較粗,女生的則較輕。

2017628 北杜市視察_170712_0070

最後,大家一起吃甜點一邊閒聊,度過了快樂的午餐時光。

2017628 北杜市視察_170712_0125

對了,店內洗手間的設計也很特別呢。雖然是法式餐廳,但也帶著日本古民家的風情。另外擦手的手帕、牙籤等等都有為客人細心準備樂呢。也許是在東京生活太忙碌,沒有時間細看身邊的事情吧,在這裡用餐的短短的1小時,讓人很治癒。

 

大家有機會的話,也不訪到愛與胃袋,體驗一下這裡的特別氣氛與美食吧。

《愛と胃袋》
住所:山梨県北杜市高根町長澤414
官網:http://www.aitoibukuro.com/

用富士山麓露營Breathe TOKYO_富士山ふもとキャンプで東京を呼吸する

幾週前,Breathe TOKYO成員跟著住在靜岡縣的日本露營夥伴匯合,受邀參加了一場融入自然的露營。
這幾年台灣也非常風行露營,有時會決定主題,甚至還把電影院跟廚房搬到露營區裡,
日本也有著同樣的趨勢,甚至還幫這種豪華露營取了一個很新的名詞
叫グランピング(Glamorous + Camping = Glamping )

数週間前に、ブリーズ東京メンバーが山梨で日本人のローカルキャンパーと合流し、
自然の呼吸を感じるキャンプに行ってまいりました。
台湾もここ数年、キャンプがかなり流行ってきて、テーマを決めて開催されたり、
ホームシアターや本格キッチンをキャンプに取り入れたりするような豪華キャンプを行いますが、日本でも同じようなトレンドがあります。
このような豪華キャンプのことを、
日本ではグランピング(Glamorous グラマラス+Camping キャンピング=グランピング)と呼ばれています。

這次日本露營主人引導我們來到富士五湖之一的山中湖畔來了一場簡單的露營。
雖然老天沒有賞臉放晴,從進入露營場地前到結束都有不間斷的綿綿小雨,
但是對我們來說一切都很新鮮。

今回、ローカルキャンパーの方にガイドしていただいたのは、山中湖畔の一般的なキャンプ場でした。あいにくの天気で、キャンプ場に着く前から雨が絶えずに降り続けていたのですが、ブリーズ東京のメンバーにとってはキャンプ自体、全てが新鮮だったので、雨はあまり気になりませんでした。

IMG_8420

IMG_8422
這次的日本友人所使用的露營帳篷不是大家常見的COLEMAN或是SNOW PEAK出品的普通帳篷,而是來自比利時有點特別的品牌CANVAS CAMP的帳篷。鐘形式設計可以讓帳篷內的空間可以更有效運用,不會有死角,最棒的是這一夜即是中間下了大雨,蓬內完全不結露,不滴水,讓我們一行人都睡得非常安穩。
そしてテントについて触れておきます。今回のテントは皆さんがよく目にするCOLEMANやスノーピークが出している一般的なテントではなく、ベルギー生まれのキャンプ用品ブランドCANVAS CAMPのテントでした。ベル型の形状にすることで、デッドスペースもなくなり、テント内の空間がより有効利用ができます。
もっとも印象に残ったのは、今回は一晩中雨で、夜中には雨が強まりましたが、しっかりした素材で、
テント内の結露や水漏れなど、全くなくて、ゆっくりと寝過ごすことができました。
IMG_8424

雖然天晴才有機會看得到美麗的富士山,這一天的陰雨讓湖畔顯得特別有風情,
對岸的音樂祭也一邊用音樂為這一天來露營的大家放著成為共同回憶的音樂。熱氣球讓湖畔感覺特別可愛。

春天時,這裡有一年一度的山中湖路跑大賽,一邊望著殘雪富士山,
繞著山中湖跑一圈大約13.6公里,也有跑一圈多的半碼賽程。
比起那時候的熱鬧,山中湖寧靜的景象另有一種風韻。

あいにく天気には恵まれず、富士山の美しい姿を見ることができませんでしたが、
雨が降ったりやんだりしたこの日の湖がとてもロマンチックでした。
湖の向こう側では同じ日に音楽祭を開催されており、この湖に集まってきた皆さまに共通の思い出作りしてくれました。熱気球の姿もとても可愛かったですね。
春には、ここの湖に年に一度開催される山中湖ロードレースがあります。
富士山の残雪を眺めながら、山中湖を一周約13.6キロのランを愉しめるほか、1周半でハーフマラソンを挑戦する大会。
そのころの賑わいと比べて、この日は特別な風景に見えました。

IMG_8428

在開始準備晚餐前,雖然沒有特別的餘興節目,這一天偶然相聚的朋友們一邊聊著彼此最近的近況,一邊日本在地露營者高田先生也隨性地準備了日本家飲酒友人心的定番缶つま下酒菜,看似平淡的時間,卻是每個參加的成員開始從都會的緊張開始轉換成慵懶模式最重要的時刻。
夜ご飯の支度が始まる前に、特別な余興はなかったですが、
日本人ローカルキャンパー高田さんが用意してくれた、日本の家飲みの定番の缶つまを肴に、(ガスバーナーで温めるというサプライズあり)
この日に初めて出会った皆さまが集まり、自己紹介から始まり、お互いの近況で会話が弾みました。
何もない時間でしたが、参加したメンバーにとっては、都会の緊張感から自然のゆったりした気持ちに転換する大事なひとときでした。

IMG_8423

這次使用的露營者必備的煮飯好道具,使用了LODGE的鐵鑄鍋。日本在地露營者高田先生光是用這個鍋子就幫我們煮了幾道菜,最讚的是,由於這種戶外飲食容易只吃肉缺乏膳食纖維,非常貼心的日本夥伴以蔬食為中心幫我們做了一道很專業口味的ajillo大蒜橄欖調味(當然還是有很多雞豬牛讓我們大口朵頤:)),配上露營場山梨縣當地特產的甲州紅酒,體會什麼叫做融入自然裡享受簡單生活。
今回、美味しいご飯を作るためにのロッジのダッチオーヴンを使用しました。
日本人ローカルキャンパーの高田さんがこのダッチオーブンだけで、いくつものお料理を振る舞ってくれました。
中では最高だったのは、野菜たっぷりのアヒージョでした!(もちろん、中でもしっかりと肉のブロックも入れて、最高な味に仕上げてくれました)美味しい料理に、キャンプ場のある山梨県特産の甲州ワインを楽しみました。
自然の中にいながらシンプルな生活を体験する大切な時間でした。

IMG_8450

IMG_8440

IMG_8441

在酒足飯飽之後,湖畔對岸的音樂祭也結束了,臨近的帳篷也開始回“巢”,日本在地露營者高田先生也開始宣布,「露營中最棒的時刻就要來臨了。」
放著非常適合露營夜與營火的音樂,放慢了飲食的腳步,連初次見面的成員間也開始交談彼此感興趣的話題,累了,就回到蓬內睡著,醒了,聽見大家歡笑著,度過都會裡無法體驗的大人浪漫夜。

お食事が一段落となり、湖の向こう側の音楽祭も終わり、隣のテントの皆さんも寝静まりった頃、
日本人ローカルキャンパーの高田さんが、「キャンプの醍醐味の時間がやってまいりました」といいながら、キャンプファイヤーに似合う音楽を流し始めました。
この瞬間から、飲むペースも落とし、初めてお会いしたメンバーの間でもそれぞれ興味のある話題で会話が弾み、疲れたら、テントに戻り寝たり、起きたら、皆さんの笑う声を耳にしながら、また会話に戻ったりしました。都会ではとても体験できない、大人のロマンチックな夜でした。

IMG_8445

最近台灣流行的露營音樂多以歐美音樂為主,在日本,也有很多在地的音樂團體或歌手發行了各種不同很有特色的專輯,會因為露營主人選曲,營造露營夜的浪漫。
這次招待我們的日本在地露營者高田先生,分享了幾個不同日本團體的音樂給我們聽,跟台灣的露營夜相比,
感覺特別貼近這個土地,也非常舒服。
最近台湾ではやっているキャンプ音楽がほとんど欧米系の音楽が多いですが、
日本では、多くのローカルバンドや歌手がが活動していて、それぞれ特徴のあるアルバムやシングルを発売されていますので、キャンプホストのセレクトで違うキャンプファイヤーの雰囲気を作ってくれます。
今回誘っていただいた日本人ローカルキャンパーの高田さんからもいくつか日本の団体とその音楽をシェアしてくださいましたが、台湾のそれと比べ、よりこの土地に近づいていて、とても居心地が良かったです。
在這裡簡單為大家介紹其中兩個團體如下
ここでは2つのグループをシェアしてみます。

以京都為主要據點的管蕭樂器4人團體,NOBAWA
京都を拠点としたインストゥルメンタル4人バンド、NOBAWA

以不插電樂器演奏的團體 SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
アコースティック楽器で演奏をする団体 SPECIAL OTHERS ACOUSTIC ()
https://www.youtube.com/watch?v=CcmLLENh4jc

看了這篇文章,是不是引起了你想要露營的情緒呢?
接下來將是露營的最佳季節(雖然很冷。。),有機會的話,要不要跟著我們一起到東京近郊
ㄧ起呼吸東京,體驗東京呢?
いかがでしょうか?
これからはキャンプのピークシーズンにもなりますが、一緒に東京の近郊で、東京を呼吸し、体験してみませんか?

2015絕對會想去的露營活動(還來得及參加!)
2015年絶対いきたいキャンプイベント(一部の参加がまだ間に合います!)
http://camphack.nap-camp.com/event/campevent-2014/3/

日本豪華露營(グランピング)精選TOP6
日本グランピングスポット TOP6
http://www.jalan.net/news/article/27767/