山梨限定_有機JAS農場キャンプ&青空フレンチレストラン体験

 

こんにちは、LIANです。

今回始めての
9/30(Sat.)-10/1(Sun.)山梨限定_有機JAS農場キャンプ&青空フレンチレストラン体験
に参加していただきありがとうございます。

IMG_7225

今回、私たちはBreathe TOKYOで人気なキャンプ体験を
農園という環境の中で行い、自然の中で食べ物の姿を体験しました。

IMG_2068

井上農場は山に囲まれていて、農園からはきれいに八ヶ岳が見えます。

IMG_7271

今回はとても幸運で、遠くに富士山まで一望できました。
(富士山を見つけましたか?)
360°のパノラマはとても気持ちがよかったです。

このキャンプで参加者によく聞かれたのは、
井上農場の井上能孝さんは北杜市の方ですか?

答えは「違います!」

井上さんは東京出身の方で、
高校の時にオレゴン州で大規模農業に魅了され、
農業の道に進むことを決めました。

さらにまた一つの転機で、有機栽培に出会い、
北杜市の耕作放棄地で農業で新生活を始めました。

IMG_7248

井上さん体験の中でこのように話してくれました。
「農法はそれぞれの特徴を持っていて、
ただ自分はたまたま有機JASの農法がとても興味があって、携わっている。
みなさんに今回の体験で一般の方法以外にも
有機JASのことを知ってもらえればそれで十分です。」

井上さんのこの話で、有機JASがとても身近な考え方だと感じることができて、
今までこうでなきゃという概念を捨て、
いろいろな食材との付き合い方を改めて考えさせてくれました。

IMG_2075

農園の野菜は有機なので、
今回採れた人参、ミニトマトとポップコーンは
土を拭いてからすぐ食べれて、
野菜の一番新鮮な味を味わうことができました。

IMG_7343

夜になると、
青空フレンチレストランのテーブルは
すでにセッティングされ、わたしたちを待っていました。

ライト、食器、青空の開放感、
環境と雰囲気は最高に快適でした。(少し風が冷たかったがXD)

ここではもう一人の達人に会えました。
彼は地域で有名なフレンチレストラン「愛と胃袋」シェフの鈴木新作さん。

実は「愛と胃袋」はもともと東京の三軒茶屋にある有名レストランでした。
鈴木さんはさらに食材を追求し、家族ごとに北杜市にやってきました。
レストランも170年の歴史がある古民家を選び、
歴史をつなげていきます。

IMG_7370

ここでは農と山の達人たちを師に、
当地の食材を学び、狩猟の免許も取得。
取得の経験で、さらに食材との距離が近くなりました。

IMG_7357

鈴木さんのフレンチは見た目だけではなく、
食材への認識により、食材が一番おいしい調理方法で、
食材本来の味を生かし、
この青空の下で、野菜の甘みを体験させてくれました。

北杜市移住したこの二人の達人から
野菜が土から口までの過程だけではなく、
さらにもう一つのライフスタイルを学びました。

この何年間、日本は世界の各国と同じく、
若者が田舎を離れて、都市で生活するようになりました。

その理由で農業に携わる人も少なくなり、
家の畑を継ぐ若者を減ってきました。

でも二人の達人のように
Iターンという形を選び、
自分の夢のために、
耕作放棄地と歴史のある古民家の命を続けさせ、
地域に新しい命を与えている若者たちの活躍も
これからずっと応援したいものです。

 

 

 

BACK TO TOP