【 180 degrees Mt.Fuji 】富士山を半周!山と湖を楽しむ富士西麓のアウトドア・アクティビティ

日本最高峰の富士山。その存在は日本人にとって国家的象徴であり、2013年には世界遺産へと登録されたことはもはや常識ともなっています。今回は、その富士山をテーマにした「富士西麓体験ツアー」を紹介したいと思います。

このツアーは山梨県の北麓にある河口湖からスタートし、西に向かって静岡県の富士宮を目指します。このツアーを友人同士である3人に実際に体験してもらったので、彼らの旅の様子も交えて紹介していきます。

▶︎▶︎ 富士山の風景を心行くまで堪能

まずは河口湖から西へ、富士五湖の西湖、精進湖界隈に移動し「西湖いやしの里根場」に到着。ここはかつて美しい富士を背に茅葺き屋根が並んでいた西湖の湖畔の根場地区に、約20棟の茅葺き屋根の家屋を復元した、昔懐かしい日本の原風景が見られる観光集落です。春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色など、四季折々の美しい風景と富士山の絶景が見られ、「日本一美しい集落」とも呼ばれていたそうです。
今回の3人が訪れたのは11月初旬だったので時期は紅葉。美しい紅葉と富士山、そして昔ながらの茅葺き屋根の一望に圧倒され、3人のシャッターを切る音は途絶えませんでした。写真好きな方は是非、たっぷり時間をとっていただくことをお勧めします。

お腹が空いたら、同集落内にある「里山」へどうぞ。山梨の郷土料理である「ほうとう」を楽しむことができます。地元の素材を使った、たっぷり野菜に歯応え抜群のほうとうは肌寒い時期にはたまらないご馳走です。
同集落内にはその他、陶芸や藍染などの工芸体験(有料)、資料館やギャラリー見学、地場産品のショッピングも楽しめます。

 

▶︎▶︎ 富士山と一緒に楽しむ、さまざまなアウトドア体験

富士山麓にはさまざまなアウトドア・アクティビティ・スポットがあります。雄大な富士山を眺めながらアクティビティを楽しめるなんて、なんて贅沢なのでしょう!

 

山に向かって漕ぎ着こう、西湖カヌー体験

近年、国内外で人気になりつつあるカヌー体験。西湖ではモーター船が禁止されているので、安心してカヌー体験ができます。「カヌーとかやったことないのだけど、大丈夫かな・・・」という方でも大丈夫!初心者にもしっかりインストラクターがレクチャーしてくれます。この3人にはインスタラクターが湖上まで付いてきてくれました。

チームワークが問われる(?!)2人乗りカヌーもあります。漕いでいる途中で服が濡れてしまうこともあるので、着替えがあると安心です。

 

漕ぎまくって漕ぎまくって、おおよそ1時間半、ようやく目的地に到着!この日は残念ながらはっきりと富士山の姿が見られませんでしたが、ヘトヘトになりながらも身体はポカポカして「波に身を委ねながら富士山を眺められるなんて、贅沢すぎる!」とのことでした。

 

コウモリの生息地と富士山麓の自然生態観察 「西湖ネイチャーセンター」 でコウモリ穴洞窟体験

 

西湖ネイチャーセンターでは、西湖コウモリ穴・クニマス展示館が併設されています。コウモリの生態説明や、実際に洞窟に入洞することができます。雨天でもコウモリの説明やバットマンポスターなどの展示物を施設内で見ることができます。
また絶滅したとされていた奇跡の魚”国鱒(クニマス)”を間近で見ることもできます。
3人はまずコウモリ穴の探検からスタート。入場料を払うと、係の人がヘルメットを渡してくれます。そしてゲートを通り散策ルート(このあたりは青木ヶ原樹海の東端)を通ってコウモリ穴まで歩いていきます。
洞窟には所々に体をかがめて歩かないと通れないくらい、天井が低い場所が何箇所かあり、ここでヘルメットの意味を納得!ちょっとしたスリルが味わえます。
※コウモリは洞窟内では基本、見ることはできないようです。3月下旬から11月末まで入洞可能。
帰りは少しだけ足をのばして、富士山が大噴火したときに流れ出た溶岩でできた、青木ヶ原樹海の中を散歩しながら、非日常な森の風景を堪能。贅沢な森林浴が楽しめます!photo @Irene Lu

 

迫力満点!!!富士山アウトドア・ステイ

 

今回3人が1日目にステイしたのは「PICA Fujiyama」のコテージ。他にもキャンピングカー、テント、そして大人気でなかなか予約が取れない透明ドーム型テント、というオプションがあります。興味がある方は早めにネット予約することをおすすめします!

 

コテージに入ってすぐ、3人の目に飛び込んだのはおしゃれなバスケット。中にはたくさんの食材が!夕食用にサラダ、野菜類、魚介類、鶏肉など、朝食用にはフルーツ、地元のミルク、トースト用のパン、フレンチトースト用の卵や調味料などがぎっしり詰まっていました。

 

マニュアルのレシピ通りに調理するもよし、3人のように自分たちで食材を組み合わせてオリジナル創作料理を作るもよし。近くの売店で買える富士山ビールを堪能するのも良いでしょう。

 

余談ですが、「PICA Fujiyama」では本場フィンランド・スタイルの「キャンプ・サウナ」も楽しめます。薪式のサウナヒーターを搭載していて、エッセンシャル・オイルを入れたお湯をサウナストーンにかけることで発生する熱と蒸気で「ロウリュ」も体験することができます。
「キャンプ・サウナ」は同施設に宿泊するお客さま限定の予約制なので、貸切で堪能できます!

 

富士山の大自然に囲まれた朝霧高原で、eBIKEに乗ってアップダウンを楽しむ!

 

3人は富士山西麓の道の駅「朝霧高原」で地元の食材を使ったランチを堪能してから、eBIKE(電動アシスト付き自転車)をレンタルしました

 

スタッフの方から簡単なレクチャーを受けます。車体にはサスペンションが付いているため、多少の坂道でも心配ご無用!また、スマホホルダーが付いているので、目的地を設定すれば迷うことなくバイク・ライドを楽しめます。
※今回レンタルしたバイクは身長制限あり(155cm以上)

 

この日3人がeBIKEで立ち寄ったのは「まかいの牧場」「IDEBOKU牧場」そして「朝霧乳業」の3箇所。いずれもオリジナルの生乳を使ったソフトクリームを自慢にしているとのことで、それぞれのソフトクリームで即席品評会を行う3人。サイクリングの途中で出会った牛たち、あたり一面に広がる高原の景色、頬を撫でる清々しい風、全てが最高すぎて大満足のeBIKE体験だったようです。

 

道の駅「朝霧高原」では、地元の「朝霧ヨーグル豚(トン)」を使った豚丼に舌鼓を打ちました。地元のネギが入らないときは提供しないというこだわりで、味が濃いのに柔らかな肉質、そこにネギの風味が加わり、その上に「黄金柑七味」を振りかけると七味のピリッとした辛さと柑橘の香りが良いアクセントになって、箸が止まらなくなるという魔性の丼でした。

 

▶︎▶︎ 富士山麓の豊かな味覚を堪能する

旅の中で、3人が常に気にかけていたのは「ご当地グルメ」。B級チャンピオンにもなった「富士宮焼そば」、富士山麓で育てられた牛や豚などのお肉、そして富士山の伏流水から作られた日本酒など、おいしいものに目がない人もそうでない人も(笑)、富士山の恵みがたっぷり詰まった富士山麓グルメに満足するはず!

ご当地B級グルメ_富士宮焼きそば 「うるおいてい」

 

「富士宮焼きそば」といえば町おこしの成功例としても取り上げられることもある、B級グルメとして有名すぎる人気グルメ。3人が今回訪れた「うるおいてい」は富士の恵みである天然水と、こだわり抜いた塩や野菜を使用し、素材そのものの旨味を活かしているというこだわり。コシのある麺が特徴で、地元っ子たちからも好評を得ているものだから、3人は長い行列を待たなければなりませんでした。平日50食、土日100食限定の「うるおい焼きそば」に興味がある方は特に、早めに入店することをおすすめします!
調理はスタッフにお任せ。まず、豚カスで香りを出してから大量のキャベツ、魚介類、そして肉を投入し、しばらくしてから、独特な蒸し麺を鉄板の上で炒め、最後にたっぷりの生卵に鰯の魚パウダー、海苔パウダーをかけて完成!できてからは卵が完全に固まってしまう前に、早めに食べてしまうのがおすすめとのこと。
実際口に運んでみた3人、「歯応えのある麺と半熟卵が絡み合って箸が止まらなくなるほどおいしかった!」「気づけばおかわりを2〜3回もしてしまった!」とのこと。焼きそば好きな方に是非おすすめしたい!

富士山伏流水を使用した日本酒、海外で連年入賞の高砂酒造

 

今回3人は特別にスタッフの方に酒蔵を案内していただきました。酒蔵に入った途端、発酵の香りが鼻腔をくすぐります。日本酒を作る工程で使う器具、販売時の器などが展示されているので、日本酒博物館さながらの趣です。
酒蔵見学の後、直営店では試飲サービスも行っています。甘くて喉越しが滑らかな純米吟醸酒のほか、濃厚な飲み口の梅酒、そして個性的なヨーグルト酒など、選択肢がいっぱいで悩ましい・・・。あまりの美味しさに3人はお土産用に数本チョイスし、さらに、酒粕で包んだアーモンドなど、日本酒に合いそうなつまみも購入していました。
※富士高砂酒造は無料で酒蔵案内を実施されていますが、事前予約制です。試飲後も是非、お好きな味をお買い求めください。

 

創業100年の老舗「さの萬」

 

「さの萬」は地元の肉屋で、店内にはさまざまな種類の肉が陳列されています。この店を有名たらしめているは、朝霧高原で飼育されていた幻の牛肉製品。飼育時に小麦、さつまいもなどを飼料とした牛の肉は、脂がしつこくなくて美味しいそうです。また、店内では既出の高砂酒蔵の酒粕を使った肉付け肉漬けも販売しています。
3人は入店後すぐ心を奪われた、拳大の巨大メンチカツを即座に購入。「バリっとした揚げ衣のパン粉の食感と、ズッシリ重量感のある肉の組み合わせはまさに最高!!!」と言って、そのあまりの美味しさに追加で持ち帰ることを余儀なくされたのでした(笑)。

 

▶︎▶︎ 富士山の麓にある人情・そして文化

富士山の美しく雄大な姿と共に、さまざまなアウトドア体験及び、グルメを堪能した3人が2日目に宿泊したのは古風な旅館。明朝訪れる神社では新たな富士山の内面を探究することになります。

富士山麓の古風な旅館「小川荘」に一泊

 

3人が2日目に宿泊したのは、富士山本宮浅間大社の近くにある、創業150年ほどの歴史を持つ割烹旅館 小川荘。女将さんの話によると、当初は料亭として運営していた小川荘でしたが、富士山を登る人が次第に増えてきたのをきっかけに、旅館スペースを作り、お客様を迎えるようになったのだそう。

 

古風な旅館とはいえ、館内の飾り絵から調度品のデザインまで全て和風モダンに仕上げられていて、3代目の女将さんのこだわりが感じられます。翌朝のお楽しみ、和風朝食には焼き鮭、卵焼き、各種小鉢というラインナップで、「食器とセッティングが美しい!」と歓喜する3人。この旅館には大きな貸切露天風呂が付いているので、天気がよければ富士山を独り占めできます!

 

小川荘の宿泊の前に3人は地元の人がおすすめしてくれた穴場居酒屋「蓬莱家宝来家」を訪れました。食材は富士山麓で養殖された「ヨーグル豚(トン)」、「富士の鶏」、そして地元野菜をたっぷり使っています。ビールは静岡県産の生ビールで、アウトドア・アクティビティでヘトヘトになった体に染み渡ります。3人は一口飲んで「贅沢だ〜」と言っていました。

 

建築デザインで表現する逆さ富士「静岡県富士山世界遺産センター」

 

プリツカー賞(建築業界のノーベル賞)受賞のグローバルデザイナー 坂茂氏が、建物の中心になる展示棟を、富士山ご当地のヒノキを用いた木格子を組み上げた逆円錐状の「逆さ富士」の形にし、また、その周りの水盤に映し出すことで富士山の全貌を見ることができるというデザインを作り上げ、訪問者に鮮烈な印象を与えています。天気が良ければ本物の富士山とのツーショットも見られることでしょう。photo @Irene Lu

 

この展示棟である「逆さ富士」の中に入ると、映像ギャラリーがあり、竜の視点からみる富士山をテーマにしたショートムービーが見られます。「俯瞰しながら眺める富士山と音楽とのハーモニーはとてもインパクトがあって魅力的だった!」とのこと。

 

訪問者は地上から最上階5階まで登ることができます。途中、自分のシルエットが映像に映し出されるので、まるで富士山を登っているかのような感覚です。さらに富士山を展示するデジタル映像資料回廊と併せて見ることで様々な視点から富士山の美しさを知ることができます。photo @Irene Lu

 

 

このツアーに興味を持ったあなた、次はあなたの番です!
是非、富士山麓を五感で楽しめる充実した体験をしてみてください。
ご参考までに、当ツアーのスケジュールをお知らせいたします。

DAY 1
新宿駅- 富士回遊 河口湖駅→ レンタカー → PICA 富士西湖 → 西湖いやしの里根場(昼食)→ 西湖ネイチャーセンター→ PICA FUJIYAMA(宿泊&夕食)

DAY 2
PICA FUJIYAMA(朝食)→ 富岳風穴 → 精進湖 → 道の駅 朝霧高原(昼食)→ 朝霧高原 eBIKE体験ミルクツアー→ 小川荘( 宿泊 )+ 炭火焼・宝来家 (夕食)
DAY 3
富士山本宮浅間大社→ 富士高砂酒造 酒蔵見学 → 肉匠 さの萬 → 静岡県富士山世界遺産センター→ 富士宮やきそば うるおいてい( 昼食 )→ 東海道新幹線「新富士」駅にてレンタカー返還後新幹線乗車

※ レンタカー以外にも 「 富士山西麓パスポート」 をご活用ください
http://www.fujisan-westsidestory.jp/en/index.html   


| 関連情報 |

🗻 西湖いやしの里根場
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖 根場2710

時間:
3-11月 9:00 ~ 17:00
12- 2月 9:30 ~ 16:30

URL:https://saikoiyashinosatonenba.jp/ 
料金:高校生〜 350円(税込)
            小中学生150円(税込)

🛶 PICA富士西湖 アクティビティ住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖 2068-1
時間:9:00 ~10:30 / 11:00 ~12:30 / 13:00 ~ 14:30
            GW及び 6 ~ 11月
URL: https://www.pica-resort.jp/saiko/activity/canoe/7885.html
料金:1艇2名様の場合(お一人様あたり)4,000 円(税込)
         強風・大雨等によりプログラムが中止になる場合がございます。
開始時間の30分前(受付時間)にガイドが天候判断を致しますので、予めご了承ください。

🏞 西湖ネイチャーセンター
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068

時間:09:00 ~ 17:00
              3 月 20 日~11 月 30 日
URL: https://fujisan.ne.jp/zh-TW/pages/363/
料金:高校生〜 300 円(税込)
           小中学生 150円(税込)

PICA FUJIYAMA
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津 6662-10

時間:Check in 14:00 / Check out 11:00
URL:https://www.pica-resort.jp/en/fujiyama/index.html

🗻 富岳風穴
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖 青木ケ原 2068-1

時間:10:30 ~ 16:30
URL:https://www.mtfuji-cave.com/contents/wind_cave/ 
料金:中学生〜 350 円(税込)
             小学生 200 円(税込)

🚴 道の駅 朝霧高原
住所:静岡県富士宮市根原 字宝山492−14

時間:売店 8:00~17:00
            食堂 9:00~17:00 ( 16:00ラストオーダー )
            気候により調整させていただく場合がございます。
URL: https://fujinomiya.gr.jp/e-bike/
eBIKE:90分間 1,000 円(税込)     3時間以内 2,000円(税込) 3時間以上 4,000円(税込)

👘 割烹旅館 小川莊
住所:静岡県富士宮市大宮町 10-1

時間:Check in 16:00 / Check out 10:00
URL:http://ogawasou.jp/

🥢 炭火焼・宝来家
住所:静岡県富士宮市東町 22-15

時間:17:00~24:00
        定休日 毎週火曜日
URL:https://www.ho-raiya.com/

富士山本宮浅間大社
住所:静岡県富士宮市宮町1−1

時間:8:30 ~ 18:00
URL:www.fuji-hongu.or.jp

🍶 富士高砂酒造
住所:静岡県富士宮市宝町 9-25

時間:平日 8:45 ~ 17:30
           土日10:00 ~ 17:30
             料金:見学は無料・あらかじめ電話にてご予約ください
URL:http://www.fuji-takasago.com/

🥩 肉匠さの萬
住所:静岡県富士宮市宮町 14-19

時間:10:00~19:00 (週日 10:00~18:30)
定休日 毎週水曜日、毎月第一木曜日
URL: www.sanoman.net

🗻 静岡県富士山世界遺産センター
住所:静岡県富士宮市宮町5−12

時間:9:00 ~ 17:00( *7、8月 9:00 ~ 18:00)
           休館日 毎週第三火曜日及び不定期点検日
URL:https://mtfuji-whc.jp/
料金: 16歲以上 300円(税込)
            15歲以下、70歲以上 無料

🥢 富士宮やきそば うるおいてい (うるおいてい)
住所:静岡県富士宮市淀師415−2

時間:
平日 11:30~14:00 & 16:30~20:00

             土日・祝日 11:00~19:00
             売り切れ次第閉店・定休日 毎週月曜日・第三火曜日
URL:http://www.uruoi-tei.com/

 

BACK TO TOP