IMG_0288

家族の健康、幸せを祈るおせち料理_期許家族健康與幸福的正月御節料理

今年も残り僅かとなりました。
今年所剩的日子也不多了。

クリスマスが終わったらあっという間にお正月。
才剛要過完聖誕節,一轉眼正月新年就要來臨。

image2

 

 

 

 

 

 
( 食べるのが大好きな娘、まーみです。對吃非常有興趣的女兒,MAMI將

 

 

日本のお正月料理と言うと「おせち料理」。
在日本,講到正月料理,一定會出現「御節料理」。
「おせち料理」には、黒豆、数の子、田作り、栗きんとん、里芋、紅白なます等、色鮮やかなので重箱に入っています。
一般所謂的「御節料理」中,通常會有黑豆,鯡魚子(NISHIN)、田作(沙丁魚煮物),
栗子甜薯泥(KURI-KINTON),里芋,紅白魚板等等放在裡面:

由於菜色相當豐盛,通常會放在飯箱裡裝飾擺盤。

IMG_0286

IMG_0288
実は、すべての料理に意味があり、主には、家族の健康、幸せを祈る願いが込められています。
看起來非常豐盛的這一整套料理,其實每道菜都有它的含義,
主要多半包含著一種期許家庭健康與幸福的願望。

せっかくなのでいくつかご紹介。
難得正月要到了,讓我為大家一一介紹。

————————————–

●黒豆・・・元気に働けますように!
黑豆⋯⋯期許工作充滿活力!

「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。
「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。
原本「MAME(豆)」一字意涵著強壯,健康。
因為一句「像豆子一樣細(心)工作」俚語,讓他成為御節料理中不可或缺的一道菜。
●数の子・・・子宝と子孫繁栄を祈る
 鯡魚子⋯⋯祈禱多子多孫

数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、
古くからおせちに使われました。
鯡魚子,如字所言,屬於鯡魚( 二親魚 NISHIN )之子。
由於從二親( NISHIN ) 產出的魚卵特別多,很有吉兆,
因此從很久以前也是正月御節料理定番大菜之一。 

●田作り・・・小さくても尾頭付き
  田作(沙丁魚煮物)⋯⋯不管再多小一定要有頭有尾

五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。
片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。
由於以前為了希望五穀能夠豐收,常常會將小魚撒下農田裡當肥料,因此這道菜也就順道被取為田作。
單口沙丁魚的小魚做成的田作,不管在關東或關西都是慶祝節日時會享用的佳餚3品之一。

●栗きんとん・・・豊かさと勝負運を願って
栗子甜薯泥(KINTON)⋯⋯期許生活的豐富與決勝運。

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。
日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、
「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。
把這一大餐比喻並期許為閃耀金色一般,豐富的一年。
將不管到日本的哪一處都採收得到的栗子,
當作山之幸味代表,又稱作「戰勝栗」,有帶來好運的象徵,
因此也被奉為御節料理中主要的菜角。

 

出典:紀文
—————————————————————-

最近はスーパーでもインターネットでも「おせち」を注文することができますが、
我が家では、最低でも3品から5品は手作りするようにしています。
雖然最近不管去超市或者透過網路訂購『御節料理』非常方便,
但在我家,通常會儘量做個3〜5道親手作的正月料理。

祖母から、母へ、母から娘へ。代々受け継いでいきたい伝統料理。
從外婆傳承給母親,從母親傳承給女兒。御節料理就是那一道想要代代相傳的傳統料理。

今年は4歳になった娘も一緒に、おばぁちゃん、
私の3人の三世代で「おせち」作りをしたいと思います。
今年,要跟剛邁入4歲的女兒,外婆的三個世代,一起親手做起這過年的「御節」料理。

IMG_0287

 

家族の健康、幸せを願って。
期許家族健康 & 幸福。

image1

12月12日(土)    12時
スケジュールを空けて、野菜ソムリエ・フードクリエイターのタナカトウコさんと一緒に、お正月にちょっと自慢できるミニおせち料理を覚えましょう。
お雑煮、蒲鉾の飾り切り、きんとん(以上3品レクチャーand実践) 、おまけに佃煮付き。
日本の方もぜひご参加ください

予約はこちら☟
http://www.breathetokyo.jp/booking
ワークショップ詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/1017872304902655/
快空出這一天,來跟蔬果營養師TANAKA TOHKO老師來學學正月時可以自慢的御節迷你料理小技巧。
這一餐有:雜煮年糕湯,魚板裝飾切法,紅薯泥(以上學作法&實踐),另附佃煮
歡迎大家來參加:)
預約從這邊☟
http://www.breathetokyo.jp/booking
活動詳細看這邊☟
https://www.facebook.com/events/1017872304902655/

Please share this post to ...Share on FacebookTweet about this on Twitter

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *