日本 YONA YONA ALE 啤酒!大人的釀造所見學參觀 TOUR

(中日對照,日文請往下拉;日本語版はページ下部にあります↓)

以「品味啤酒!享受人生的幸福!」標語傳達概念的株式會社YOHO BREWING。是在日本精釀啤酒業界第一流通的品牌。本公司位於輕井澤。可謂公司門面的「YONA YONA ALE」在日本全國的超市都可以找到,可見其人氣。並且傳達其喜愛啤酒生活的概念。

這次介紹的就是YOHO BREWING這樣的一個啤酒工廠的見學參觀旅遊。工廠(釀造地)位於避暑勝地・輕井澤町隔壁的佐久市。時間夏日期間的周末及假日(2018年為6/30(六)~10/8(一・假日)、共34日)為主,並以「YONA YONA ALE 大人的釀造所見學參觀TOUR」為題,舉辦約100分鐘、1,000日圓的工廠見學參觀旅遊行程。

從2010年開始舉辦的工廠見學參觀旅遊,是非常難預約到的超人氣工廠見學參觀旅遊。這次就要介紹這個超高人氣的工廠見學參觀旅遊的魅力給大家。

從JR左久平站到工廠約15分鐘。因為這個活動是以品味啤酒的樂趣為旨,所以最推薦的交通方式是從最近的車站搭乘大眾運輸工具或計程車。而從JR左久平站搭乘計程車到工廠的話,行程較為流暢。也非常推薦搭乘從車站開始的共乘計程車。

現在也有越來越多的旅客選擇以「與要去同樣旅遊景點的旅友一起,共乘一台計程車,既便宜又方便,享受輕井澤風光」為賣點的共乘計程車業者。另外他們也接受客製行程,因此在使用上非常的方便。

—————

RIDESHARE輕井澤

電話: 050-3557-2396

網站: http://www.karuizawa-ride.com/plan/plan_detail.php?tour_id=7

—————

完成見學旅遊的報到手續之後,馬上就看到這個歡迎啤酒的巨大形象。而看到這個不禁讓人期待了起來。在報到處附近,有許多像圖片中這樣可以享受拍照樂趣的地方,在活動開始前不妨盡情地享受拍攝紀念照片的樂趣。

在試飲會場的小角發現了裝飾成排工作人員小卡的角落!排列了現在在YOHO BREWING工作的工作人員們的綽號以及照片。看著令人發笑的各個相應的部屬名稱,讓人莞爾一笑也不禁看了入迷。

在這有獲得許多獎項的啤酒,而在工廠的角落也發現了這樣擺放著獎狀及獎盃的地方。

一般去公司及工廠的見學參觀旅遊,大多都是有專門的工作人員作為嚮導,但是「YONA YONA ALE 大人的釀造所見學參觀TOUR」這裡,則是由平常就在這個部門工作的工作人員來為我們進行嚮導工作。

根據當次的工作人員的不同,每次的旅程風格也會因而改變而有所不同,所以不管來幾次都能享受不同的樂趣吧。

首先是學習美味啤酒的原料。工作人員會交替的給我們試吃並說明關於「麥芽」、「啤酒花」、「水」、「酵母」的知識。試吃各種不同的麥芽,比較不同香味的啤酒花。感受這些平常不會接觸到啤酒的原料。

這扇門展開後的另一邊便是啤酒釀造的現場。那麼趕快來打開這扇門吧!

一開始為我們介紹的是,製作作為啤酒原料「麥汁」的房間。在這裡試喝並比較,實際製作啤酒時所加入的「麥汁」以及在麥汁中加入啤酒花煮過帶有苦味的「煮沸後麥汁」。這兩者,令人驚訝地味道完全不一樣。

然後前往發酵完成後啤酒熟成的房間。平常只有啤酒職人可以品嘗到的「從儲酒槽中直接到出來的啤酒」,在這裡我們也難得品嘗到了。因為都是這個活動多是啤酒愛好者,因此大家響起了歡呼聲。

味道當然是毫無疑問的! 美味!這個詞包含了一切。

在溫度低到讓人忍不住想說會不會呼吸時會不會吐白煙的儲酒室哩,品味著剛剛從儲酒槽倒出的啤酒,這正是釀造所見學參觀TOUR的樂趣。

最後前往將啤酒填充裝罐及酒桶的房間。使用真實實品的「裝罐前的啤酒罐及蓋子」的充填過程,就在眼前進行。在罐子上加蓋並且「封緊蓋子」的過程,僅僅只是看著也覺得有趣。運氣好的話好像還能看見裝罐啤酒在運輸帶上被各各轉動的樣子,可惜這天運輸帶並沒有運轉沒能見到。

見學參觀後是讓人期待的試飲會。可以品嘗到5種以上的啤酒。

這天所準備的啤酒有在女性之間備受人氣的白啤酒「水曜日的貓」、作為公司門面的「YONAYONA ALE」、輕井澤周邊地區販售的「輕井澤高原啤酒」、相較其他啤酒具獨特苦味的個性派啤酒「印度的青鬼」、以及帶有強烈風味的黑啤酒「東京 BLACK」(照片由右至左)。現在株式會社YOHO BREWING的包裝設計中,必定會有「月亮」的圖案在上面,不妨找找你手上的罐子上的月亮在哪裡。

在像這樣這麼大的玻璃杯裡,注入半杯的啤酒。在這裡已經喝了5杯量的啤酒了,不禁有點微醺的感覺。

對於開車前來的旅客,可以選擇一罐喜歡的罐裝啤酒及冰淇淋! 在特製的香草冰淇淋依照自己的喜好,加入巧克力麥芽或淡色麥芽、橘子皮等等做出專屬自己的訂製冰淇淋。每一種都看起來非常的好吃!

在開心的工廠見學參觀結束後,到產品直銷店購物。產品直銷店限定,這裡聽說是「可以以最低價格購入YOHO產品的地方」。因為可以以比市價還低的價格購入啤酒,所以以便宜的價格入手自己喜歡的啤酒,或是購入輕井澤限定的啤酒當作紀念也不錯。

現在,這裡有2款只有輕井澤周邊地區才能買到的限定商品,「輕井澤高原啤酒」和「輕井澤啤酒 CRART SAURUS」。當成土產也相當令人喜悅呢。

粉絲必看的YONAYONA商品也有。從時髦的T-SHIRT開始,擦手巾、啤酒相關的原創玻璃杯、杯墊等等,各式各樣的商品。我自己也買了擦手巾當成土產。

產品直銷店裡還有工作人員雕刻表現YONAYONA精神的小印章。從這裡也傳達了工作人員對商品的愛情。也看到許多當作是紀念,印在自己隨身攜帶的小本子的旅客。

在開賣的時候立刻被秒殺的工廠見學參觀TOUR,內容非常的豐富充實。有美味的啤酒以及開心的工作人員,一起度過充實有趣的時光。喜愛啤酒的人對於活動內容絕對會沉迷於此。

活動報名可以用電話及網路,電子報會通知販賣工廠見學參觀TOUR的時間,所以如果你是抱持著「2019年無論怎麼樣都想參加!」的人,絕對要訂閱他們的電子報,才不會錯失良機。

 

ーーーーーーーーーーー下記は日本語ーーーーーーーーーーー

よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー

「ビールに味を!人生に幸せを!」というテーマを掲げてビールと向き合う株式会社ヤッホー・ブルーイング。日本のクラフトビール業界でいちばん名が通っているのがこちらで、軽井沢に本社が在ります。会社の顔とも言える「よなよなエール」は全国のスーパーでも普通に見かけるほど人気かつ、ビール好きの生活に浸透したビールとなりました。

今回ご紹介させて頂くのはそんなヤッホーブルーイングの工場見学ツアーです。工場(醸造所)は避暑地・軽井沢町の隣である佐久市にあります。夏の間の土日祝日(2018年は6/30(土)~10/8(月・祝)、全34日程)を中心に「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」と題した約100分、1,000円の工場見学ツアーが行われています。

2010年から始まったこの工場見学ツアーは、予約がなかなか取れない大人気の工場見学ツアーなのです。今回は大人気のこちらの工場見学ツアーの魅力を余すことなく紹介させて頂きます。

工場まではJR佐久平駅から約15分。このツアーではビールのテイスティングを楽しんで貰う事をメインとしている為、最寄駅から工場までは公共交通機関やタクシーのご利用がオススメ。佐久平駅からタクシーを利用すると、比較的スムーズに来る事ができます。

また、駅からの移動には専用ライドシェア シャトルタクシーでの移動もオススメ。「行きたいスポットと日取りが同じお客様同士、1台のタクシーに相乗りしていただくことで、安く楽しく、軽井沢を満喫することができること」を売りに利用者を伸ばしているこちらのライドシェア。自分好みの行程カスタマイズも承ってくれるので、非常に使い勝手が良かったです。

—————

ライドシェア軽井沢

電話: 050-3557-2396

URL: http://www.karuizawa-ride.com/plan/plan_detail.php?tour_id=7

—————

見学ツアーの受付を済ませたら、さっそくウェルカムビールが登場しました!これは否応なしに期待が高ぶります。

受付には上記のような楽しいフォトスポットが幾つもありますので、ツアー開始までに記念撮影をして楽しんでください。

試飲会場の片隅にスタッフカードがずらりと並んだこんなコーナーを発見!いま、ヤッホー・ブルーイングで働いているスタッフの皆さんのニックネームがついた写真がずらり。クスリと笑ってしまう部署名と合わせてついつい見入ってしまいます。

数々の賞をもらっているビールだけあり、工場の片隅にはトロフィーや賞状を飾った場所も発見。

一般的な企業の工場見学は、専門のスタッフがツアーガイドをしていることが多いですが「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」では、ふだん色々な部署で働いているスタッフの皆さんがツアーガイドを務めてくれています。

そのスタッフさんによってツアーの色は全くといっていいほど変わってくるようですので、何度も来る楽しみが出来るのではないでしょうか。

まずは美味しいビールを作る原材料のお勉強を。「モルト」「ホップ」「水」「酵母」について試食を交えながら、スタッフの方が説明をしてくれます。モルトを食べ比べたり、ホップの香りを比べたり。普段触れることないビールの原材料を身近に感じることができました。

この扉の向こうにビール造りの現場が広がっています。さっそく開けてみましょう!

最初に案内をして頂くのがビールの素となる「麦汁」を仕込む部屋。実際にビール用に仕込んだ甘い「麦汁」と、麦汁にホップを加えて煮込んだ苦い「煮沸後麦汁」を飲み比べました。この二つ、びっくりするぐらい味が違いました。

次に案内頂くのが、仕込んだ麦汁に酵母を加えて発酵させるお部屋。この日は実際に、酵母がプツプツと発酵している様子を見ることができました。

そして、発酵が終わったビールを熟成させるお部屋へ。普段はビール職人しか飲むことができない「貯酒タンクから直接注いだビール」をこちらでご馳走になることができます。ビール好きが集う工場見学ツアーだけあり、参加者みんなに歓声が上がりました。

味はもちろん文句なし!おいしい!!の一言に尽きます。

息が白いのではないかと思うほどひんやりしている貯酒室で、貯蔵タンクから出したばかりのビールを味わうことができるのは、醸造所見学ツアーならではの楽しみです。

最後に、ビールを缶や樽に充填し、検査・箱詰めする部屋へ移動。実物の「ビールを詰める前の缶とフタ」を使って、充填工程を目の前で実演。缶に蓋を載せて蓋を「締めていく」という工程は、見ていてものすごく楽しかったです。

運が良ければコンベアーの上を缶がぞろぞろと流れていく様子が見られるそうですが、この日は残念ながら運転休止中でした。

見学終了後はお楽しみの試飲会。5種類以上のビール試飲を楽しませて貰えます。

この日に用意されていたのは女性に人気の白ビール「水曜日のネコ」、会社の顔である「よなよなエール」、軽井沢近辺でのみ販売されている「軽井沢高原ビール」、苦味が際立つ個性派ビール「インドの青鬼」、ガツンとした味わいの黒ビール「東京ブラック」でした。

なお、ヤッホーブルーイングのデザインには、必ずどこかに「月」が描かれているそうなので手にした際はぜひ探してみてくださいね。

こんなに大きめのグラスに、ビールを半分ほど注いで頂けます。こちらを5杯飲めるのですから、なかなか酔っ払ってしまいます。

車で来たドライバーさんには、好きな缶ビール1本とアイスクリームのサービスが!特製のバニラアイスクリームにチョコレートモルトやペールモルト、オレンジピールなどをかけて自分好みにアイスクリームをカスタマイズ。こちらもとっても美味しそうでした。

楽しい工場見学ツアーの締めくくりは、直売所でのお買い物。直売所だけあり、ここは「ヤッホー製品が世界で一番安く買える場所」となっているそうです。通常のビールも市価より安く購入できますので、大好きなビールを安く手に入れるも良し、軽井沢限定のビールを記念に購入するも良し。

なお、こちらの軽井沢周辺エリアでしか購入できない商品は「軽井沢高原ビール」と「軽井沢ビール クラフトザウルス」の2ブランドです。お土産にも喜ばれますね。

ファン必見のよなよなグッズも。オシャレなTシャツに始まり、手ぬぐい、ビールにちなんだオリジナルグラス、コースターなど色とりどりのグッズが勢揃い。私も自分へのお土産として手ぬぐいを購入しました。

直売所にはスタッフの方が彫った、よなよなをモチーフにしたスタンプも。スタッフの方の商品に対する愛情が伝わります。記念に、ご自身の手帳やノートに押している方も見られました。

発売と同時にすぐ売り切れてしまうという大人気の工場見学ツアーというのも、すんなり納得の充実度。美味しいビールと楽しいスタッフと共に、濃密な時間を過ごすことができました。また、内容もビール好きには本当にたまりません。

申し込みはインターネットと電話で行っており、工場見学ツアーの販売時期はメルマガを通じて発表されるそうなので「2019年分にどうしても行きたい!」と思った人は、メルマガの登録から始めるといいかと思います。

Please share this post to ...Share on FacebookTweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です