TOKO TABLE_759

【參加者募集|4/23(Sun.)11:00~13:30】TOKO的旬味食堂~春野菜天婦羅&青森鄉土蕎麥料理體驗~

(日本語併記、スクロールしてご覧ください)

大家好,我是Miki。

 

在四季分明的日本,
蔬菜食材有不少也是有季節之分,
最近陸續開始出售的春野菜更是讓人食指大動。

 

於秋冬播種,抵受嚴冬後長出來的
春野菜有不少都帶有一點苦澀的味道,
這是因為它含有植物生物鹼以及其他豐富的維生素,
對身體十分有益。

 

4月的「TOKO的旬味食堂」料理體驗,TOKO桑將要為大家介紹

*大人小孩也愛!鬆脆的春野菜天婦羅
*親手作最美味!青森鄉土蕎麥料理(Soba Kakke)

 

初學者也能做出美味的日式天婦羅嗎?
Soba Kakke又是什麼呢?

別焦急,讓Miki來為大家介紹吧。

 

春野菜天婦羅

天婦羅是日本料理中極受人氣的料理之一,也常常出現在日本家庭的食桌上。
不管是蝦子天婦羅還是蔬菜天婦羅,鬆脆的口感讓人一吃就愛上。

 

但要做出好吃的天婦羅,卻不是一件簡單的事情。
(對Miki來說,天婦羅是一個一直不敢碰的領域,很怕成品會慘不忍睹。)

 

TOKO桑告訴我們,只要抓到技巧,其實天婦羅一點也不難。
希望大家也能在這次料理體驗中學到秘訣,在家庭也輕鬆做出美味日式天婦羅。

TOKO TABLE_759

含水量高的蔬菜,要怎麼下鍋才不會被油燙到呢?
天婦羅要用幾度的油去炸才好吃呢?
如何炸出漂亮的什錦天婦羅(炸什錦)呢?

 

大家的疑問,4月23日將會由TOKO桑來一一解答。
並讓大家實際動手,炸出鬆脆好吃的日式蔬菜天婦羅。

 

當天TOKO桑更會為大家介紹,由位於銀座的米其林2星餐廳
天婦羅專門餐廳「てんぷら近藤」近藤師傅傳授的麵衣食譜
這麼厲害的麵衣作法,怎麼能不學起來呢?!

 

每人實際動手體驗春野菜天婦羅約5種。
由於務求提供新鮮蔬菜給大家,種類可能會根據當天狀況而有所變更。

 

青森鄉土蕎麥料理(Soba Kakke)

蕎麥麵(Soba)是很常聽到的日本麵食,
那麼Soba Kakke您知道嗎?

 

Soba Kakke(そばかっけ)原來是一種青森的鄉土料理,
出身自青森縣的TOKO桑告訴Miki,
Soba Kakke其實是很久以前的南部藩料理,
(南部藩:太平洋沿岸,現在青森縣與岩手縣交界一帶)

 

在當時的時代,耕種技術不如現代先進,
被強風吹襲且寒冷的南部藩一帶以蕎麥、小麥及雜穀為主要食糧。
也因此發展出Soba Kakke這個鄉土料理。
口感非常棒的Soba Kakke,誠邀大家來體驗做做看。

TOKO TABLE_429

Soba Kakke使用的材料少,使法看似簡單,
但蕎麥粉跟水的比例,麵團的搓法也會影響出來的味道。
把搓好的麵團,被壓平砌成三角形,
用清湯輕輕涮熟,配合大蒜味噌品嚐,
是青森的道地吃法。

 

當天TOKO桑也會為大家介紹如果做出好吃的大蒜味噌
除了作為Soba Kakke的沾醬,還有非常多的用途呢。

 

4月23日(週日) 11:00~13:30
TOKO的旬味食堂~春野菜天婦羅&青森鄉土蕎麥料理體驗~
邀請大家一起來體驗美味的日式天婦羅

以及這麼有特色的手作蕎麥鄉土料理:)

報名請 [從這裡]
查詢請[從這裡]

 

【體驗詳細内容】

■ 日時:2017年4月23日(週日)11:00~13:30
■ 場所:JR涉谷站 西口徒歩7分
(詳細地址會在接受預約後另行通知)
■ 體驗內容:
ー 春野菜天婦羅(共5種)
ー Soba Kakke
■ 體驗語言:日文, 中文
■ 初學者參加:可
■ 上限人數:8位
■ 費用:4,500日幣(含稅,含講師費/材料費/帶回家的烤鯖魚壽司)
請於當天繳交現金支付
■ 需攜帶:筆記用具,圍裙,保鮮盒或提袋
■ 講師:Toko Tanaka
■ 費用不包含:追加料理, 接送
■ 注意事項
− 餐點內容並未含食物過敏者特別餐點,請事前留意
− 若有孩童同行,請事先透過信件告知我們
■ 取消時的費用發生
1週前        50%
1週~2天前      80%
前天(含當天)    100%

■ 預約方式:https://www.breathetokyo.jp/events/cook-2017-04-23

ーーーーーーーーーーー下記、日本語表記ーーーーーーーーーーー

皆様こんにちは、Mikiです。

 

南国と違い、四季がはっきりしている日本では
季節によって旬の食材を楽しめることができます。
特に最近続々と出荷される春野菜、
すごく水々しくて美味しいそうなものがいっぱいありますね。

 

前年の寒い時期に種まきされたり、苗を植え付けた野菜達が
寒い冬を乗り越えて成長してきました春野菜は
強い香りや独特の苦みを持つものが多いです。
調べてみると「植物性アルカロイド」という成分が原因らしいです。
その他、ビタミンや鉄分など
体にいい栄養成分もたくさん含まれているらしいです。

 

話を戻りますが、4月の「TOKO`s Table料理体験で、
TOKOさんが紹介するメニューはこちらになります。

*大人も子供も喜ぶ!サクサクの春野菜天ぷら
*手作りが一番!青森県郷土そば料理(そばかっけ)

 

料理初心者でも美味しい天ぷらを作れますか?
そばかっけとは何ですか?

これから紹介させていただきます。

 

春野菜の天ぷら

天ぷらは日本料理の中で常に人気ランキングトップにある品です。
日本家庭の食卓にもよく出てきますね。
エビ天ぷらも野菜天ぷらも、サクサクの食感でたまらないです。

 

ですが、美味しい天ぷらを揚げるのは簡単なことだと思いません。
Mikiにとって、天ぷらを作るのが悪夢です、毎回失敗しますからね…苦笑。

 

そんな話を聞いたTOKOさんが
そんなことありません!コツをつかめば、天ぷらはすごく簡単で作れますよ。
と教えてくれました。
ぜひ皆様もこの料理体験で、
家庭でもできる美味しい天ぷらの秘訣を体験してもらいたいです。

TOKO TABLE_759

水分の多い野菜を揚げる時、油がすごくはねますが、どうすればいいですか?
何度の油で揚げるのが一番いいですか?
キレイなかき揚げを揚げる方法ってありますか?

 

天ぷらについての質問は、4月23日に体験しながら
TOKOさんから答えてもらいます:)

 

また、当日にTOKOさんから銀座にあるミシュラン2星レストラン
「天ぷら近藤」の近藤シェフから伝授された「ころも」の作り方を紹介いたします。
こんなにすごいレシピ、覚えないといけませんね。

 

体験当日に、一人5種類の野菜天ぷらを体験してもらいます。
(たらの芽、そらまめ、大葉、さつまいも、春野菜とエビのかき揚げ)
野菜は当日の仕入れの状況によって変更する場合がございます。

青森県郷土そば料理(そばかっけ)

そばはよく食べる日本料理です。
皆さまは「そばかっけ」をご存知ですか?

 

そばかっけは青森県の郷土料理だと認識されていますが、
実は青森県というより、南部藩の郷土料理です。
南部藩は太平洋沿岸部、現在の青森県と岩手県の境目辺りです。

当時、風が強くて寒い南部藩エリアでは、
お米を育つのが非常に難しくて、そば、小麦、雑穀が主食でした。
そこで「そばかっけ」という郷土料理が生まれました。

とTOKOさんから教えてもらいました。
なるほど、日本の食文化は歴史や地理に深く影響されていますね。

TOKO TABLE_429

そば粉とお水を使った「そばかっけ」の作り方は一見簡単ですが、
そば粉とお水の量、めん棒で伸ばす方などで、出来上がり具合に左右します。

 

三角形に切ってからしゃぶしゃぶし、
にんにく味噌に付けて食べるのが本場の食べ方だそうです。
体験当日に、TOKOさんが美味しいにんにく味噌の作り方も紹介いたします。
そばかっけの付けたれとしてだけではなく、様々な料理に大活躍できる調味料です。

 

皆さまもぜひ、4月23日(日曜) 11:00~13:30
一緒にTOKO`s Table
春野菜のてんぷら&青森県郷土そば料理
を通して、日本の食文化を体験しましょう。
ご参加をお待ちしております。

 

お申込み [こちらから]
お問い合わせ[こちらから]

【体験の詳しい内容】

■ 日時:2017年4月23日(日曜) 11:00~13:30
■ 場所:JR涉谷站 西口徒歩7分
(予約受付後、メールにて住所をご案内します)
■ 体験內容:
ー 春野菜のてんぷら(5種)
ー 青森郷土料理そばかっけ
■ 案内語言:日本語、中国語
■ 初心者参加:可
■ 定員:8名
■ 参加費:4,500円 (税込・講師費/材料費)
 参加費は体験当日に現金にてお支払いください
■ 持ち物:筆記用具、エプロン
■ 講師:タナカ トウコさん
■ 費用に含まれていないもの:追加料理・送り迎え
■ 注意事項
−食材はアレルギー対応していないため、懸念される方は事前にお問合せください。
−お子さま同行される場合、あらかじめご連絡ください。
■ キャンセルポリシー
 1週間前まで          50%
 1週間前まで~2日前まで     80%
 前日まで(当日含む)     100%

■ ご予約はこちら               

 

Please share this post to ...Share on FacebookTweet about this on Twitter

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *