prpmatsui

【参加者募集_9/17(Sat.) 11:00-13:30】女子力向上便當部_Loco Moco便當實作體驗課程

Breathe TOKYO x De_De
女子力向上弁当部_Loco Moco丼弁当実践体験

(日本語併記、スクロールしてご覧ください)

大家好,我是Kiwi

Breathe TOKYO從創辦時為了能在東京生活的各位有更多機會享受在日本做料理的樂趣,
持續與不同的料理達人開發各種不同體驗課程,
這次,我們設立了「🌸女子力向上🌸便當部」,
有幸與 以「設計你的美味 Delicious Design」為理念的料理達人 MARIKO小姐合作,
要邀請大家一起動手,體驗一下親手做料理以及做便當的樂趣。

 

首先,先為大家介紹一下這次帶領我們進行體驗課程的夥伴。

BT People

松井 MARIKO

回想初次與Mariko-san見面時,她溫暖的笑臉讓我記憶猶新。
那是在某一天的料理聚會上發生的一個小際遇。

進門後,她一邊跟大家聊著聊著,一邊端著一盤盤美味又豐盛的料理,
每一盤料理,除了視覺上讓人雀躍地想要照相留念外,
嚐下一口,沖到腦海裡的是一陣幸福,然後發現自己嘴角微笑。
之後我也不自覺地一口接一口地,開始享受她準備的一切美食。

一開始我也覺得好奇怪,怎麼會有如此令人感覺幸福的料理呢?

幾次與Mariko-san聊到她的想法後才更能發現,她總是享受著做料理,設計美味的過程,
俗話說料理是一種愛,在她身上,我看到了對於食材的喜愛,
還有想要款待料理的精神,造就了一盤盤視覺與美味都很棒的溫馨美食。
S__38731803

Mariko-san的簡歷如下,

幼小時在經營洋食餐廳的父親教導下學習料理。1994年留美,大學期間主修視覺設計,
並取得BFA美術學士學位。在紐約經歷大眾媒體相關廣告製作數年後,於2002年返回日本。
目前一邊從事於廣告製作公司,一邊創辦「De_De Delicious Design」從事FOOD/DESIGN/CONSULTING 相關事務。
擅長於料理故事與設計策劃。
prpmatsui

 

第一次開辦的企劃中,我們決定以下述關鍵字做主題,開啟我們第一次的體驗課程,

日本的洋食

 

這裡面希望大家能夠體驗的重點有

− 冷了還能吃得津津有味,黃金比例漢堡肉作法 

雖然全牛肉漢堡最油滋滋最美味,考量到日本便當通常不會現作現吃,
多半吃便當的場合裡不會有微波爐可以提供加熱,
這次會分享大家調和日式漢堡肉的最佳比例與作法。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

− 挑戰視覺與味覺,帶便當也能做出美味煎蛋

煎蛋看似簡單,要把美麗的煎蛋煎得恰到好處,讓Loco Moco便當更美味,
煎蛋方法自然就變得相當重要囉!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

− 畫龍點睛!高顏值便當作法

有許多日本女生在做便當時通常都會有那麼小小的工夫,
一個小動作就讓便當看起來相當豪華,吃起來自然就有感覺囉!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

− 用市售法式醬汁+一味=專業主廚調味法

秉持著希望大家可以用比較輕鬆的心情開始作便當,
這裡會分享給大家如何用市售的罐頭醬料
組合成專業主廚的法式醬汁。

72841

(僅供參考,轉載元:http://yaplog.jp/kandusuki/archive/2589 )

− 附竹製飯盒(如圖,可以帶回家再實踐!)

課程中會邀請大家實際動手來製作自己的LOCO MOCO丼便當,
作好後大家一起享受一下做完的成品,
其中竹製飯盒與食譜也能帶回家,希望可以讓大家回去以後還能再鼓起勇氣做一遍!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

如何?
是否開始激起了那麼一些女子力便當魂呢!?
有興趣的朋友歡迎來預約參加!

■ 預約方式:http://www.breathetokyo.jp/booking    

體驗內容詳細請看這裡☟☟

■ 日時:2016年9月17日(週六)  11:00-13:30
■ 場所:JR涉谷站 西口徒歩7分
(詳細地址會在接受預約後另行通知)

■ 體驗語言:日文, 中文

■ 初學者參加:可

上限人數:8位

■ 費用:4,500日幣(含稅,含講師費/材料費・附竹製飯盒)
請於當天繳交現金支付

需攜帶:筆記用具,圍裙

講師:De_De 松井 MARIKO-san

■ 費用不包含:追加料理, 接送

注意事項
- 餐點內容並未含食物過敏者特別餐點,請事前留意

- 若有孩童同行,請事先透過信件告知我們

■ 預約方式:http://www.breathetokyo.jp/booking                   

 

 

ーー(以下、日本語表記)ーー

こんにちは,Kiwiです

Breathe TOKYO 設立してから、特に東京に生活されている皆さまに、
より日本でお料理を作る楽しみを覚えていただくために、
様々な料理の達人に協力していただき、違うテーマの体験を企画してまいりました。

今回は、「🌸女子力UP!🌸 弁当部」を立ち上げ、
De_De Delicious Design 主宰の 料理達人 松井まり子さまを講師として招き、
皆さまに手を動かしていただきながら、
お料理を体験する企画をはじめました。

ひとまず、皆さまに今回の方をご紹介いたします

BT People

松井 MARIKO

はじめてまり子さんとお会いした時、
暖かみのある笑顔は今でも忘れられないものでした。
それは、ある日のお料理パーティのことでした。

皆さまとおしゃべりしながら、さりげなく次々と
美味しそうな料理を出してくださいました。
一口食べてみたら、幸せが広がってきまして
気がついたら自分も自然と笑みがこぼれていました。

なぜ、このような幸せを感じさせるようなお料理ができるでしょう?

その後、何度もまり子さんと会話を重ね、はじめてその理由がわかりました。
彼女はいつも、お料理を作る過程や美味しさをデザインする過程を楽しんでいるからでした。

「料理は愛情」と良く言われますが、まり子さんから見えたのは、
食材へのこだわり、料理を食べてもらう方へのおもてなしの心が満ちていました。
そんな気持ちで作った料理は温かくて美味しくない訳が無いですね。

S__38731803

Mariko-sanのプロフィールはこのとおりです。

松井 まり子
幼い頃から洋食屋を営んでいた父に料理を教わる。1994年渡米、大学でグラフィックデザインを学びBFAを取得。ニューヨークのタブロイド誌の広告制作を経て2002年に帰国。現在は広告制作会社に勤務しながらフード・デザイン・コンサルティング「De_De Delicious Design」を主宰。デザインセオリーを活かした料理や盛りつけを提案。
prpmatsui

はじめての企画では、下記をキーワードにし、体験を開催したいと思います。

日本の洋食

体験中、皆さまに紹介していきたいポイントはこちらです

− 黄金比率・美味しいハンバーグの作り方

100パーセント牛肉で作ったハンバーグも美味しいですが、
日本のお弁当はその場で作って食べないのと、
加熱できる環境に常にいる訳ではないので、
今回は皆さまに、冷めても美味しいハンバーグの調合の仕方をお伝えします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

− ビジュアルと美味しさにチャレンジ!
目玉焼きのきれいな焼き方(お弁当向き)

目玉焼きは一見シンプルなものですが、たまごを程よく焼くことによって、
ロコモコ丼弁当も美味しく感じますよね。
ということで、お弁当向きの目玉焼きの仕方も伝えておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

−  +1でモテる弁当の作り方

ちょっとした工夫で見た目も良い弁当を作るコツがあります!
このコツを実践して、自分もワクワクする弁当を作ってみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

− 市販のデミグラスソース+α=プロの味の付け方

なるべく皆さまに、気楽にお弁当を作っていただければと考えておりますので、
今回は、市販のデミグラソースを使った、プロの味の付け方を体験していただきます。

72841

(イメージ,出典:http://yaplog.jp/kandusuki/archive/2589 )

− わっぱ弁当付き(おうちでもう一度チャレンジ!)

今回体験の中で、皆さまに実際手を動かして、自分のロコモコ丼弁当を完成していただきます。
作ったお弁当をその場で召し上がっていただきます。
わっぱ弁当とレシピもお持帰りいただけますので、
おうちでもぜひもう一度作ってみてください!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがでしょうか?
少しでも、皆さまの女子力弁当魂がわいてきましたでしょうか!?(笑)
ご興味のある方は、ぜひご予約くださいませ!

■ 予約http://www.breathetokyo.jp/booking    

体験詳細についてはこちら☟☟☟☟

■ 日時:2016年9月17日(週六)  11:00-13:30
■ 場所:JR涉谷站 西口徒歩7分
(予約受付後、メールにて詳細住所をご案内します)

案内語言:日文 ・中国語

■ 初心者参加:可

■ 定員:8名

■ 参加費:4,500円 (税込・講師費/材料費・わっぱ弁当付き)
費用は当日に現金にてお支払いください

■ 持ち物:筆記用具、エプロン

■ 講師:De_De 松井 まり子

■ 費用に含まれていないもの:追加料理・送り迎え

■ 注意事項
-食材はアレルギー対応していないため、懸念される方は事前にお問合せください。
-お子さま同行される場合、あらかじめご連絡ください。

■ 予約はこちら:http://www.breathetokyo.jp/booking                   

 

 

 

De_De Delicious Design [デデ デリシャスデザイン]
de_delogo

「美味しいをデザイン」をモットーにしたフード・デザイン・コンサルティング。

デザインセオリーをお料理に活かし美しく、美味しい一皿を提案しています。

レシピ開発、フードスタイリング、イベント企画など

http://de-de.co

 

 

Please share this post to ...Share on FacebookTweet about this on Twitter

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *